ロードバイクのある生活

【長袖】ロードバイクのジャージ選びで迷ったら【半袖】

ロードバイクのサイクルジャージ、

長袖と半袖があるけど、最初の一着は

どちらを選んだらいいのかな?

最初の一着なら半袖一択

初心者の方が最初に選ぶなら半袖を

おすすめします。理由は以下の通り。

  • オールシーズン着ることができる
  • アームカバーやベストを併用すれば長袖より快適
  • 長袖よりサイズが合わせやすい
  • 長袖より種類やデザインが多い

メーカーも半袖ジャージを基本として

いるので種類やデザインも豊富に揃って

います。自分の気に入ったデザイン

の物を選ぶ楽しみもあります。快適性に

ついては、夏は腕が露出しているので

涼しくライドできますし、肌寒い時は

アームカバーやベスト、ウインドブレーカー

を使用する事で、長袖ジャージと同じ位

快適にライドする事ができます。

ストレッチ ウィンドシェル ベスト(パールイズミ)

冷えに弱い体幹部分を効率的に保温するベスト。着たままジャージのポケットにアクセスでき、小さくたたんでポケットにしまう事ができます。背中に熱を逃す撥水メッシュ生地あり。

SHIMANO(シマノ) サンブロック レッグカバー [ブラック]

ドライタッチの通気性素材・アナトミックデザインとフィット・腿部のシリコングリッパーは、レッグカバーのズレを防止・夜間での視認性が高いリフレクターを配置・UPF 50+

SHIMANO(シマノ) サンブロック アームカバー [ホワイト]

ドライタッチの通気性素材・上腕部のシリコングリッパーは、アームカバーのズレを防止・夜間での視認性が高いリフレクターを配置・UPF 50+

リフレクター(光を反射し着用する人の夜間の視認性を向上させ、安全なライディングを実現)・UVプロテクト(紫外線による日焼けを予防します)

冬用のジャージの下に重ね着すれば、

透湿性に優れたインナーにもなります。

長袖の場合だと、胸やお腹周りはピッタリ

だけど、腕の丈が微妙に合わない、という

こともあります。

エアロスーツなど体の線にフィットする

ジャージであれば多少の丈の長さの違いは

気にならないでしょうが、幅がゆったりな

場合は丈が長いと、たるみ等が非常に気に

なる人もいると思います。

 

長袖ジャージのいいところ

長袖ジャージには以下の点で優れています

  • 日焼けの心配がなく、体力の消耗を抑えられる
  • 万が一落車したときに、半袖より擦り傷が軽くなる

半袖とちがい腕が露出しないので、日焼けや

それに伴う体力の低下を抑えられます。

またアームカバーにありがちなゴムが緩く

ずり落ちたり、逆に締め付けが強すぎる

不快感もありません。

また万が一落車した時には皮膚が直接

地面にこすれて、深い擦過傷を負うのを

防ぎます。初秋~初冬、初春などの肌寒い

時は長袖ジャージだけで対応が可能な場合

もあり、その時は厚い冬用ジャージを

着なくてすみます。

おわりに

初心者の方は最初に半袖とアームカバーを

購入して走るのに慣れてから、長袖ジャージ

やエアロジャージを購入する方法がいいです。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5