ロードバイクのある生活

【ロードバイク】洗車時にオススメなウエス3選【布、不織布】

ロードバイクに乗っていると、晴れた日でも

土や砂の汚れ、埃や虫の死骸、葉っぱ等が

フレームやチェーン、ギアに付着します。

そうなるとチェーンの動きも悪くなり、

チェーン落ち等のトラブルにつながります。

ロードバイク用の洗浄用ケミカルは沢山

ありますが、細かい部分の汚れ落としや、

はみ出したグリスやオイルを拭き取る時に

適当にティッシュなど使ってはいませんか?

ティッシュはちぎれやすく、水分を含むと

ボロボロになり、それを取り除く為の手間が

かかり、オススメしません。

手軽に使えて丈夫な不織布

「ふしょくふ」と読みます。布は繊維を

織って作りますが、不織布は素材を熱や

薬剤で固めて作ります。普通の紙より

丈夫、吸水性に優れており、ティッシュの

様にボロボロになりません。

身近な不織布はコーヒーのフィルターや

キッチンペーパーがあてはまります。

あとはマスクも不織布ですね。

ワイプオール

クレシア ワイプオール X60 4つ折り 50枚 薄手素材の4つ折り不織布ワイパー 水やアルコールに濡らしても破れにくい素材

●薄手タイプの不織布ワイパーです。
●水や薬液を浸透させても強度に優れています。
●吸収性・低発塵性に優れています。
●食品加工作業に安心して使える衛生的な不織布ワイパー。
●布のような丈夫さと紙の持つ吸収性を兼ね備えたハイドロニット素材。
●シートサイズ:335mm×343mm。

家に手頃な雑巾がないよ〜という方には

ワイプオールをオススメします。水洗い

したフレームの拭きあげやチェーンを洗浄

する時にクリーナーがフレームや床に

飛び散らないように保護、スプロケットの

歯の隙間に入れて汚れをこそぎ落とすのに

重宝します。汚れたら燃えるゴミに出せる

のも、大きなメリットです。

ただし使い捨てなので、使いたい時に

なくなったり、毎回購入のコストが

かかります。また1回の洗車で大量に

使うとゴミの量も多くなるので

家族に怒られる可能性はあります。

布ウエスは切り取って必要な分だけ使える

ホームセンターに売っている布ウエスは

容量があり、使いたい大きさに切り取って

使えるので、コスパがいいです。

100%コットン製なので手触りも良く、

不織布の様にゴシゴシこすりすぎて素材に

傷がつく事もありません。漂白剤に浸け置き

して洗えば繰り返して使えます。

値段も900円前後とお得です。

ただしオイルやグリス汚れは簡単に落ちない

ですし、洗う場所が汚れてしまうので家族に

怒られてしまう可能性があります。

子供のお下がりのシャツはタダで使える

子供がいる場合、着れなくなったシャツの

袖や襟を切り取って胴体部分をウエスにする

のもアリです。プリントや柄があると、

フレームなどに傷がつく恐れがあるので、

無地のものか、服の裏地の方を使いましょう。

肌着のシャツが無地のものが多く、裏表両方

使えるのでオススメです。

また、布地を切り取る時は、裁ちバサミが

あれば切断面がほつれず、きれいに切れます。

子供が多いほど材料の服を調達しやすいのが

メリットですが、独身や子供がいない場合は

この方法は使えません。

おわりに

今回は汚れる事前提としたウエスのオススメ

を紹介しました。車と違ってグリスやオイル

などの油脂類を使う事が多いので、ウエスは

多い事に越したことはありません。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5