ロードバイクのある生活

【ロードバイク】24時間でどれくらい走れる?ギネス記録に挑戦した女性がスゴイ【超長距離】

先日、イギリスのタイムトライアル

スペシャリストであるアレックス・

ダウセットが1時間でどれだけ走れるかの

記録に挑み、惜しくも記録更新は

なりませんでしたが、同じような記録に

挑戦した女性がいました。ただこちらは

24時間でどれくらい走れるかの記録です。

24時間で824kmを走破。記録更新は29年ぶり。

ノースカロライナ州の州都であるローリー

生まれのアマンダ・コーカーさん(29)は

一般道路上を24時間の間でどれくらい走る

事ができるか、という記録に挑戦。

その結果、初めて女性として500マイル

(約804km)の壁を突破し、512.52マイル

(約824km)を走破してギネス世界記録を

更新しました。

(東京駅~広島駅までがおおよそ830km)

ちなみにこれまでのギネス世界記録は

439マイル(約707km)で大幅な

記録更新となります。

アマンダ・コーカーさんはギネス記録を6つ持つ鉄人

アマンダ・コーカーさんはアメリカの

女性サイクリストを育成するチーム

「TWENTY24」に所属しています。

もともとロンドンオリンピックに選手を

送り出すプロジェクト「TWENTY12」と

してスタートし、オリンピックごとに

チーム名を変更しており、現在の名称は

パリ五輪が開催される2024年に合わせて

います。東京オリンピックでは同チーム

所属のジェニファー・バレンテ選手が

女子オムニアムで日本の梶原悠未選手を

下して金メダルを獲得しています。

アマンダさんは、タイムトライアル、ZWIFT

超長距離走(競技時間が6時間を超える)の

選手としてチームに所属しており、

驚くべき事に5つのギネス記録保持者です。

  1. 1か月(30日)の走行距離 8,012マイル(約12,894km 1日平均444km)女性部門
  2. 1年間の走行距離 8,6573.2マイル(約139,325km)男女部門とも最長
  3. 100,000マイル(16,093km)を423日で走破 男女部門とも最速

今回のチャレンジで更にギネス記録を追加の可能性あり

(TWENTY24 HPより転載)

24時間走の過程での途中経過は

以下の様になっています。

  1. 100kmを2時間42分33秒で走破
  2. 100マイル(約161km)を4時間19分40秒で走破
  3. 200kmを5時間23分10秒で走破
  4. 300kmを8時間6分35秒で走破
  5. 200マイル(約322km)を8時間42分37秒で走破
  6. 300マイル(約483km)を13時間17分で走破
  7. 500kmを13時間45分30秒で走破
  8. 500マイル(約805km)を23時間13分45秒で走破
  9. 6時間経過時の走行距離が138マイル(約222km)
  10. 12時間経過時の走行距離が272マイル(約437km)

もしこれらの記録が認定されれば、更に

ギネス記録保持数を伸ばす事になります。

自転車を降りての休憩は2回のみ、家族や友人が走りながら彼女をサポート

24時間走り続けるためには当然食べたり

飲んだりしなければなりませんが、記録

公親のために、それを自転車に乗りながら

こなさなければなりません。

サポートスタッフは彼女に並走して

それらを手渡すなど、彼女のペースを

崩さない様に仕事をしました。

アマンダさんは「個人的に、超長距離

を走る時の補給食は固形物より、

液体やジェルの方がいいと思っている。

吸収が早いし、具合が悪くなって吐きそう

になっても固形物より液体の方が楽」と

答えています。

彼女が自転車を降りたのは342マイル

(約550km)地点でのトイレ休憩と

フロントライトの光量低下でライトを

交換した時だけでした。

ゴール時は疲労は極限にまで達し、

自分で自転車をまたいで降りる事が

できず、シートポストを外して自転車

から離れなければならない程だった

との事です。

おわりに

世の中にはすごい人がいるもの、と

感動しました。今回の記録達成は、

本人の力だけでなく、記録達成を少し

でもしやすくするように、コース設定を

検討したり、チャレンジ当日には献身的に

補給や応援を行ったスタッフの努力の

賜物だったと思います。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5