ロードバイクのある生活

【ロードバイク】観光地が紹介された翌日のヒルクライムは危険がいっぱい【階上岳】

この時期のヒルクライムは車道の広さや

メディアに紹介された直後か次第で、行く

日をずらしたほうがいいかもです。

コロナコロナと言っても県内の観光地なら大丈夫と考える人が多い

会社でも県外への移動は厳しく制限している

所がまだ多いでしょう。しかし子供がいる

お父さんは、いつまでも「コロナだから

どこも行けないね~」と言ってYouTubeや

switchばかりでは、奥さんや同居する

祖父母に冷たい目で見られてしまう

事でしょう。となると、県内の観光地なら

大丈夫だろう!と新聞やメディアを見て

旬の観光地にちょっと行ってみようか、と

なります。その中でも密集しづらい場所、

山や海などに行って景色や植物を楽しもうか

という事になります。

ヒルクライム大好きチャリダーにとってはそういう場所は危険

階上岳はツツジの名所で、頂上周辺は

5月下旬から6月上旬まで満開のツツジと

八戸市を一望できる景観の良さから、

この時期は多くの観光客でにぎわいます。

また、青森県の県南地方(八戸市近辺)の

ヒルクライム大好きチャリダーにとって

階上岳は市街地から1時間もかからず、

全長7.2km、標高差471m、平均勾配6.5%

ラスト1kmの平均勾配は11%の走りごたえ

十分のヒルクライムが楽しめるコースです。

しかし、ゴール地点の大開平休憩所の

駐車場が満車の場合、駐車場の空きを

待つ車で車道が一気に狭くなってしまい

ます。登りの車は下りの車とぶつからない

様に左側の路肩ギリギリまで寄せるので、

自転車は通れなくなります。車を避けて

右側を走ろうとすると下りの車が来ますし、

登りの車同士の車間距離もバラバラなので、

車の間に入る緊急回避も咄嗟には難しい

です。更に、待ちくたびれた人やトイレを

我慢できない人が車から降りて徒歩で

駐車場まで移動しているので、ぶつかる

恐れもあります。

ヒルクライムは安全第一で!

混雑した場所でのヒルクライム(下りの

ダウンヒル)は事故の危険が多いです。

車との衝突、歩行者の飛び出し、路駐車

の急なドアの開閉など・・。

無理せず、混雑状況を考えてルートを

変更したり、ポタリングに切り替える等

の対応で安全第一に自転車を楽しみましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5