ロードバイクのある生活

【ロードバイク】老舗カンパニョーロもE-bike市場に殴り込み?

前回ポルシェがE-bikeのパワーユニットを

開発すると紹介しましたが、自転車界の

老舗、カンパニョーロもハブ内装の

モーターに関する特許を申請しています

電動モーターを内蔵したハブ

特大のハブの中に電気モーターが装着されて

います。スルーアクスルが貫通するように

モーターが配置されているようで、

2つのベアリングで回転するようになって

います。No21の細長い管のような出っ張りは

ハブ内に電力を供給するコネクタです。

No41はその部分を守るカバーの役割が

あると思われます。

シマノなどのハブとの相違は、ブレーキ

ローターの取り付け部が見えないこと

です。カンパニョーロはセンターロック

AFSローターしか製造しておらず

そのローターは油圧ディスクブレーキ

システムと併用する必要があります。

また、図ではスルーアクスルを中心に

設計されたハブのため、リムブレーキ用

でもありません。

おわりに

最近、カンパニョーロは、ブランドの

将来の成長を示唆する「Dream Bigger」

キャンペーンを開始しています。

カンパニョーロが、ロードバイクと

グラベルという狭い範囲での焦点から

脱却し、少なくともE-bike市場への

参入を真剣に検討していることを

物語っていると言えます。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5