ロードバイクのある生活

【ロードバイク】シマノ・マレーシア ロックダウンで工場閉鎖!パーツ供給はより不透明に【コロナ】

シマノ製品を製造しているマレーシアの

工場が、コロナウイルスのロックダウンに

より14日まで閉鎖、とのニュース。パーツの

供給がより不透明になりました。

ロックダウンにより、6割の稼働から完全停止に。

シマノのマレーシア工場があるマレーシア

南部は、コロナウイルス感染拡大による

感染者の増加に歯止めがかからない事から

少なくとも6月14日まで完全ロックダウン

(FMCO)が発動され、一部を除き、

社会、経済活動が不許可になりました。

しかも15日以降も不透明との事です。

※参照 在マレーシア日本大使館HP

シマノのマレーシア工場は6月1日以降

60%の生産能力での操業を許可されて

いましたが、6月10日に完全閉鎖を決定、

顧客にこの変更を通知したとの事です。

マレーシア工場ではアルミ鍛造技術を用いてパーツとシマノホイールの90%を生産していた

「シマノ マレーシア工場」と検索すると

この工場ではアルミ鍛造技術を利用した

パーツの生産とデュラエースを含むシマノの

ホイールを生産しているとの事です。

シンガポール、インドネシア、マレーシアが東南アジアの拠点として存在

シマノが最初に海外拠点を築いたのが

シンガポールです。

シンガポールは自国に有益な事業への

企業の新規参入と投資を奨励するために

「パイオニア企業」といった分類を設けて

税制上での優遇措置を図り、世界銀行の

「ビジネス環境の現状」の報告書では

9年連続で「世界で最もビジネス展開に

良い国」に選定されるなど、グローバル

展開を図りたいシマノにとって利害が

一致した国でした。

その後、地理的に近く安価で良質な労働力

が豊富なインドネシア、マレーシアに

拠点を築いています。これらの3か所の拠点

で生産、組み立てを行い、パーツを送り

出していました。

コロナ対策もシンガポールは進んでおり、

6月11日以降に12~39歳の国民と、過去に

コロナウイルスに感染して回復した人にも

ワクチン接種の予約を開始、6月14日からは

段階的にイベント規模の拡大や定員の制限を

緩和していくとの事です。

製造、組み立て、流通のバランスが崩れた事でパーツ供給はより不透明に

今回のマレーシアにおける完全ロックダウン

で3か国で行っていたパーツの製造、組み立て

流通のバランスが崩れてしまいました。

しかもロックダウンが終わるのか延長される

のかも不透明で、パーツの供給は今後も

遅れる可能性が高いです。

おわりに

このような状態では新型デュラエースは

今年はプロ選手供給用のみ、一般向けの

販売は来年になるのでは、と考えます。

パーツもすでに品薄状態ですが、冬の

シーズンオフにオーバーホールができる

よう、今から注文しておくのがいいかも

しれません。

私はすでにチェーンリングは押さえて

います。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5