ロードバイクのある生活

【ロードバイク】熱中症予防にMAGICOOLはとてもオススメです【マジクール】

まだまだ暑い日が続くので、

熱中症のリスクはまだ高いです。

以前の記事で「熱中症を防ぐには

体の熱を上げないようにする」事を

解説しましたが、その中の対策の

一つ、「MAGICOOL」を実際のライドで

使用した事を解説します。

【ロードバイク】熱中症対策で体の熱を効果的に冷ます方法【オススメ】

夏のロングライド、熱中症などのトラブルで 体調不良になっては元も子もなくなります。 熱中症の種類について解説していますが、 体の熱をいかに冷ますか、が熱中症の リスクを減らす最大の方法です。 目次1 ...

続きを見る

気温31度のライドで使用。首筋はかなり冷えます

パッケージから本体を取り出すと、

ペラペラな状態です。これに水を

含ませていくと、首の両側に当たる

部分と、真後ろに当たる部分が水を

含んで膨らんでいきます。

もみながら水を更に含ませていくと

1mmくらいのペラペラが、厚さ3cm位

まで膨らみます。押すと水がしみだして

きます。衣類がぬれてはまずい時は

水分をふき取れば大丈夫ですが、サイクル

ジャージは濡れても全然問題ないので、

拭かずにそのまま使用します。

これを首に巻き付け、両脇についている

マジックテープで留めれば、首から落ちる

事はありません。巻き付けた瞬間から首筋が

ヒンヤリします。

走行中もヒンヤリ感を維持。

走りだすと、風がMAGICOOLに当たり、

更に冷えます。これは水分が蒸発する時に

周囲の熱を奪う「気化熱」を利用して

いるからです。MAGICOOLをジャージの

襟の下にくるように巻き付けると、ライド

中に動かず、首に密着するので、首筋は

ひんやり状態を維持します。

着けた感想は首の部分だけ水風呂に入っている

ような感じです。また含ませた水が時折背中に

流れてくるのも気持ちいいです。

気温や風量にもよりますが、1~2時間の

ライドでは蒸発せず水を保持できます。

蒸発が進んで膨らんだ部分がしぼんできたら

休憩中にまた水をかけて揉むと、元通りに

なります。

サイズも普通サイズのMからゆったりサイズ

のL~LLサイズまで豊富です。

ちょっとここは・・という部分

両脇を留めるマジックテープが弱く、一応

しっかり止まりますが、使い続けると

くっつきが弱くなりそうな感じです。

またLLサイズは首にあたる部分のワイド版が

ありますが、Mにもワイド版が欲しいところ

です。冷える部分が増えて更に快適になると

思います。

おわりに

体の熱を下げる一番の方法は頭から水を

かぶる事ですが、ライド中に真水を頭から

かぶる機会はなかなかないです。ボトルの

中身を捨てるわけにはいきませんし・・。

MAGICOOLなら、かさばらず1回水を

含ませれば1~2時間は大丈夫ですし、

冷える感覚がなくなってきたら、休憩

して洗面台で水を含ませれば、また

ヒエヒエで走り出す事ができます。

値段も1000円で購入できますので

まだまだ残暑が続くライドで試して

みてはどうでしょう?

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5