ロードバイクのある生活

【ロードバイク】熱中症対策で体の熱を効果的に冷ます方法【オススメ】

夏のロングライド、熱中症などのトラブルで

体調不良になっては元も子もなくなります。

熱中症の種類について解説していますが、

体の熱をいかに冷ますか、が熱中症の

リスクを減らす最大の方法です。

太い血管が通っている場所を冷やす

脇の下、首、脚の付け根には太い血管が

通っており、ここを冷やすと体温を

効果的に下げる事ができる、と言われて

います。

そのためのグッズも多く販売されています。

大作商事 冷却タオル マジクール ライトブルー M(ふつう)

マジクールは製品内の特殊高分子ポリマー(吸水樹脂)が水分を吸収し、水分を外に逃がさず保水します。その多量の水分が気化する際の吸熱作用(気化熱)により、長時間にわたって心地良い冷感を維持します。

マジクールの冷感持続時間はおよそ20時間(※)。濡れタオルでは蒸発してタオルがぬるくなってしまいますが、マジクールは時々もみほぐして冷感を復活させることが出来ます。
※第三者機関による試験実証済み。

 

氷嚢は首に巻く事を前提としています。

ただ、かなりかさばります。また首に

固定したままだと重みで首が痛くなる

可能性もあります。

熱射病対策にはクーリングは効果薄との研究結果も。

ただし、熱中症が悪化して熱射病になった

場合は深部体温を下げるためにアイシング

より水風呂に入れて水をかき混ぜて循環する

のが一番いいとの研究結果もあります。

今回はあくまで熱中症予防の観点から体温を

上げない方法としてアイシングの解説を

しています。

手のひらを冷やすと効果的との研究結果もある

手のひらにある「AVA血管」という特殊な血管。

体温を調節するこの血管を冷やすことで冷えた

血液が体内を巡り、体の中心部の体温(深部体温)

が下がること熱中症予防をしよう、という取り組み

をデサントとシャープが行い、共同開発した

「CORE COOLER」です。

DESCENTE(デサント) コアクーラー 両手用

体温調整する特殊な血管が通る、手のひらを適温(12℃)で冷やすことで、血液の温度が下がり、体の中心温度である深部体温が下がり、暑熱対策になるアイテム。
着用しても手の操作性が失われにくく、メッシュ素材なのでスポーツ時にも快適に使えるアタッチメントで、適温蓄冷材を固定する仕様。

手のひらに巻くので、グローブの下に装着

するのは厳しいかもしれません。

おわりに

まだまだ暑い日が続きます。熱中症対策を

万全にして楽しくロングライドしましょう!

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5