ロードバイクのある生活

【ロードバイク】夏に向けて最強の虫よけを手に入れよう【虫刺されバイバイ】

5月に入り、山も緑が映える頃ですが

そうなるとウザいのは虫です。

特にアブや蚊はハァハァ言って坂を

登る私たちに遠慮なく近づいてきて

露出している首まわりやスネに容赦

なく吸いつき噛みつきます。

休憩中も同様で、気が付いたら皮膚が

真っ赤に腫れあがっている事も。

それを回避するため、虫よけは必須ですが

どんな虫よけがいいのか調べてみました。

戦場で生まれた虫よけ成分「ディート」成分配合の商品はかなり強力

アメリカ軍が太平洋戦争のジャングル戦で

マラリアを媒介する蚊やダニから兵士を守る

為に開発したのが「ディート」と呼ばれる

化合物です。

「N,N-ジエチル-m-トルアミド」が

ディードの正式名称です(赤線で

引いた成分。)

兵士の間では「バグジュース」と呼ばれ

ベトナム戦争では上の画像のような容器に

入れてヘルメットのバンドに挟んでいる

のを映画でも見る事ができます。

日本でも2016年以降、ディード成分が

30%配合された高濃度の虫よけ剤が

認可されています。

ディードが30%配合されている虫よけの

効果はおおよそ8時間ほど持続するとの

事です。ただしその強力さから、

アメリカのCDC(疾病予防管理センター)

では以下の注意点を挙げています。

  • 飲んだり吸入したりしないよう注意が必要。
  • 特に乳幼児に対し使用する場合は手のひら、顔(特に目、口)を避ける。
  • 乳児は、大人の手のひらで薄く延ばし、これを塗る。
  • 子供同士で虫よけ剤を塗ったり、スプレーしたりさせない。
  • 衣服へ塗る場合、内側(皮膚に直接触れる部分)へ塗布しない。
  • 長時間塗ったままにしない。子供で約4時間、大人で約8時間程度を目安とする。さらに長時間の使用が考えられる場合は、濃度の低いものを使用するか、薄く塗る方法をとる。
  • 帰宅後など、昆虫に接触する機会から離れた場合は、速やかに石鹸などを使い、洗い落とす。
  • 虫よけ剤は、子供の手の届かないところへ保管する。
  • 夏場など、日焼け止めと併用する場合は、日焼け止めを最初に塗り、その上に虫よけ剤を塗る。

Wikipediaより

ちなみに濃度100%のディード材は、

自動車の人工皮革のシートを溶かす程

強力で、プラスチックやレーヨンも

劣化させてしまいます。

あまりにも強力でアレルギーや肌荒れの

リスクが大きいため、ディードに変わる

成分が開発されました。

ディードの代替成分「イカリジン」

ディードと大きく違うのは皮膚刺激性が

なく臭いもマイルドで、繊維や樹脂、

プラスチックを痛めにくいので服の

上からでも使用できる点です。子供への

使用も制限がなく、WHO(世界保健機関)

からは「ディートの代替として同等、

またはディートより優れている」と

評価されています。

軍では20%配合の製品を使っている

そうですが、残念ながら日本で手に入る

市販品は15%が上限の様です。

なぜ虫が寄ってこないか、実はよく分かっていない

イカリジンとディートを使うと、

なぜ虫が寄ってこないか、実は

よく分かっていないとの事。

研究では蚊やアブの触覚をごまかし

吸血元の人間を認知できない様な

働きがあるかもしれない、という

ことまでしか解明されていない

そうです。

おわりに

とりあえず、効き目が強そうな

ディード30%配合の虫よけを試して

見る予定です。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5