ロードバイクのある生活

【ロードバイク】Garminがレーダー、カメラを搭載したハイエンドテールライトRCT715を発売開始【事故対策】

Garminが後方警戒レーダー、カメラが

搭載されたハイエンドテールライト

「RCT715」を販売開始しました。

重大事故時の証拠保全、グループライド時の撮影に

すでにGarminはテールライトに後方警戒

レーダーを組み込んだRTL515を販売して

いますが、レーダーとカメラを一つに

まとめた製品は今回が初となります。

カメラは最大1080p/30fpsの画質で常時

撮影する事が可能で、専用アプリの

「Garmin Varia」で撮影した画像を見たり

転送したり、カメラ設定をカスタマイズ

することができます。

加速度センサーを搭載しており、数値に

異常が検知された前後の映像を自動で

保存します。

搭載されたレーダーは最大140m後ろの車を検知する

車がRTL715を搭載した自転車の後方に

近づくと、GarminのEdgeシリーズの

サイクルコンピューターを使って

いれば、警告を表示する事ができます。

Garminのサイコンを持っていなくても

スマホに「Garmin Varia」をインストール

していればスマホに表示できます。

本体の大きさは縦10.6cm×横4.2cmとカメラ、レーダー搭載にしてはコンパクトだけど・・

キャットアイのリアライトで私も使って

いる「ラピッドエックス」の大きさが

縦7.4cm×横2.4cmなので、それと比べても

そこまで大きくないです。

ただし、本体を路面と垂直に設置しないと

きちんと後方が撮影できないので、シート

ポストに取り付けるマウントが大きく、

本体を取り付けると後ろに大きくせり出して

います。

シートポストが短いとサドルバックと併用は

難しそうです。

ライトの明るさはRTL515と同じ

  • ライトモード: 点灯、ナイトモード、デイモード、プロトンモード
  • 明るさ: 点灯20ルーメン、ナイトモード29ルーメン、デイモード65ルーメン、プロトンモード8ルーメン
  • 稼働時間:デイモード6時間、プロトンモード5時間、常時点灯、ナイトモード4時間
  • ANT+:○
  • BLE:○
  • Wifi:〇
  • 16GB SDカード付属
  • 防水等級: IPX7
  • 視野角: 220°

ライトの明るさはRTL515と同じですが、

常時撮影の影響で稼働時間はRTL515より

短くなっています。

購入するか?と聞かれれば・・

気になるお値段は44,800円(税込)と

なっています。

正直なところ、後方警戒レーダーは交通量の

多い日本の市街地では使わないかな~と

思っています。稼働時間も最長6時間で、

バッテリーが交換できないと、それ以上の

ライド時はカメラも作動しない事になり、

その時に何かあっては意味がありません。

GoProと普通のリアライトを購入した

方がいいかもしれません。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5