ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ピチピチパンツ、レーサーパンツは30km以上走るなら必須【脱初心者】

ロードバイクを乗り始めて慣れてきた

初心者の方が次に考えるのが

「ピチピチのパンツを履くか履かないか」

です。ピチピチパンツ=レーサーパンツは

下着をつけずに履くので着用に抵抗を

感じる人もいます。レーサーパンツを履く

メリットとは?

レーサーパンツを履くと下半身の不快感を感じづらくなる

レーサーパンツには2種類あります。

上の画像のようなお腹周りにゴムが

入っている「パンツタイプ」

お腹周りにゴムがなく肩バンドでずり落ちを

防ぐ「ビブタイプ」があります。

共通しているのは、お尻の部分にパッドが

縫いつけられている、通気性に優れた素材

肌に密着するような作りです。

パッドの形はメーカーごとに違いますが、

「路面の衝撃を和らげる」「硬いサドルと

坐骨との間のクッション代わり」という

働きは共通しています。シティサイクルと

違い軽量化を目的としてロードバイクの

サドルにはクッションがない、もしくは

最低限しかないのでその代わりにパンツ

にクッションが備わっています。

通気性がいいのは、汗を風で蒸発させて

股間やお尻の蒸れをすばやく解消する

ためです。

ピチピチなのは「衣類が風をはらんで

バタついて空気抵抗を生じるのを防ぐ」

為です。もともとロードレースで使用

する為の衣類で、百数十キロを走る中で

少しでも走りの抵抗になる要因をつぶし

ているのです。

それぞれのメリット、デメリット

パンツタイプのメリットは着脱が簡単で

着用に抵抗がない事です。

逆にデメリットは、お腹周りのゴムが

締め付けられるように感じる、風が

当たるとお腹が冷える事です。

ビブタイプのメリットはお腹周りに

ゴムがないので締め付け感がない、

お腹まで生地におおわれているので

風が当たっても冷えにくい事です。

逆にデメリットはトイレ(大)時に

肩紐を下ろさないと用が足せないので、

上着も全部脱がなければならず、

時間との闘いになる事、どうしても

フレディ・マーキュリーっぽくなる

事です。

最初は抵抗なく履けるパンツタイプ、慣れてきたらビブタイプがオススメ

いきなりフレディ・マーキュリーに

なるのは抵抗があるなら、最初は

着脱が楽なパンツタイプをおススメ

します。段々慣れてきたらビブタイプを

試してみるのがいいです。

おわりに

片道30km以上走るならレーサーパンツは

必須と言えます。理由は上記のとおりで、

特に汗の蒸れが体の冷えに繋がったり

皮膚トラブルの原因になるからです。

見た目で判断せずにぜひ試してみて

下さい!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5