ロードバイクのある生活

【ロードバイク】バーチャルライドアプリ「Rouvy」で奥津軽をライド!【青森県】

Zwifと一味違うバーチャルライド

アプリ「ROUVY」で現実世界に

あるコースを走ってみませんか?

 

今回、バーチャルライドアプリの

「Rouvy」で青森県の名所を走れる

チャレンジを開催しているとの事で

アプリをダウンロードして試して

見る事にしました。

今回走る事ができるのは、津軽半島の

3コース。

「日本の東北部に位置する青森県は

三方を海に囲まれ世界自然遺産 白神山地や

十和田湖国立公園などの大自然を有して

います。りんごの産地として世界的に有名で

「青森ねぶた祭」は世界中から観光客が

訪れます。」と英語で我が青森県の紹介が

されています。

「青森を探検する」

青森県の北西に位置する奥津軽と呼ばれる

地域に3つのコースが設定されました。

春には桜の咲く人気の自然公園で賑わい、

夏には高さ20m、重さ19tを超える大迫力の

人形灯籠流し「立佞武多」が町を練り歩き

ます。秋には黄金色に輝く田んぼ、

美しく紅葉した山々、そして冬にはホワイト

アウトを引き起こす猛吹雪が待っている。

ルールは3つのコースを「レース」モードか

「タイムトライアル」モードで完走する事

です。

第1ステージ「十三湖一周」

第1ステージはしじみで有名な十三湖を

一周する約28.5kmのコース。道の駅

十三湖高原トーサムグリーンパークが

スタート/ゴール地点です。ほぼ平坦

ですが、残り3km地点から道の駅

手前まで登りが続きます。

第2ステージ「津軽縄文遺跡群」

(Wikipediaより)

世界遺産に指定された亀ヶ岡石器時代

遺跡(遮光器土偶が有名)を通過する

22kmのコース。細かいアップダウンは

あるものの、基本平坦なルートです。

第3ステージ 竜飛崎

最大勾配16%の竜泊ラインを経て

石川さゆりの「津軽海峡冬景色」

にも歌われる竜飛崎がゴールの

34.3kmが最終ステージとなっています。

眺瞰台からの眺めは絶景なので、

ぜひ実走でも訪れてほしいルートです。

竜飛崎には津軽海峡冬景色の記念碑が

あり、ボタンを押すと曲が流れます。

ちなみに「階段国道」として有名な

国道339号線もすぐそばにあります。

おわりに

AOMORI第二弾として三八上北地方も

やってくれないかなぁと思っています。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5