ロードバイクのある生活

【ロードバイク】シマノ絶好調!売上、営業利益とも上方修正【還元希望】

コロナ禍での自転車需要の増加により

シマノは過去最高の利益をたたき出し

ました。

2021年第3四半期の売上、営業利益とも前年比100%オーバー

シマノは26日、2021年12月期の第3四半期の

売上が前年比159%の1675億円、売上から

経費を差し引いた経常利益は前年比193%の

1137億円と、いずれも過去最高を更新する

見通しだと発表しました。それに伴い、

年末までの通気連結業績予想を、前回の

予想より大幅に上方修正しています。

損益

内訳は売上高を150億円、営業利益を

110億円、経常利益を137億円となって

います。

日本の個人消費は弱いが欧米の経済活動再開による個人消費の回復が追い風に

早めのワクチン接種や、感染を抑え

こもうとロックダウンを断行した欧州や

アメリカでは、経済活動を再開する動きが

早く、個人消費の回復に伴う景気の上昇が

シマノの売上を大幅に押し上げた要因と

なっています。

また脱炭素社会実現に向けた自転車レーン

整備などにヨーロッパ各国政府が積極的に

後押ししており、この事が自転車および

自転車関連商品の需要増に繋がっています。

逆に日本はロックダウンより拘束力が

ない緊急事態宣言が継続的に発令された

事により、景気に対する先行きの不透明感が

強く、そもそも欧米に比べて自転車人口が

少ない事から、シマノも欧米市場を優先

した事が考えられます。(報告書でも

同様の文章があります)

シマノ全体の売り上げのうち、自転車関連が8割を占める

各ジャンル別

シマノは自転車部品の他に釣具の開発、

販売を行っていますが、シマノ全体の

売り上げでは自転車関連が8割を占めて

います。釣具に関してはアメリカ市場と

豪州市場が好調で、日本は豪雨災害や

緊急事態宣言によりほぼ横ばいとなって

いるとの事です。

シマノとしても当然市場が好調な欧米

試乗にリソースを割きたいわけで、

国内外の工場をフル活動して増産して

いるとはいえ、まだまだ品不足は解消

されないと予想します。

おわりに

デュラエースも発売され、シマノの

快進撃はまだまだ続きそうです。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5