ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ビンディングシューズにステップアップ!シューズの選び方解説【シューズ】

ロードバイクに慣れ始めると考えるのは

「そろそろビンディングシューズを使って

みようかな?」という事。

今回はビンディングシューズの種類と

足を締め付ける方法別にシューズを

紹介していきます。

ビンディングシューズの種類は以下の通りです

  • 2穴タイプ
  • 3穴タイプ
  • 4穴タイプ

2穴タイプ SPDシューズ

シューズの裏にネジ穴が2つあるタイプは

主にマウンテンバイクで使用されます。

足がペダルから離れないので、不整地で

自転車が跳ねた時に足がペダルから外れて

バランスが崩れるのを防止できるからです。

また緊急時にすぐペダルから足を外せるよう

固定力は弱めになっています。固定部分は

小さいですが、強度を出す為に金属製と

なっています。

ロードバイクで使う時はビンディングに

不慣れな人が、足が固定しているのを

忘れて止まろうとして転ぶ、「立ちゴケ」

の時にすぐ足を外せるので便利です。

対応しているシューズはマウンテンバイクで

使うものが多く、シューズの裏に滑り止めが

ついていて、ビンディングの金具がはみ出て

いないので、歩きやすいのが特徴です。

3穴タイプ SPD-SLタイプ

固定部がより大型化し、踏み込むパワーを

よりペダルに伝達する事ができるのが、

SPD-SLペダルです。

ロードバイクは重量をいかに抑えるかが

重要なので、ペダル材質はカーボンや

複合素材(コンポジット)、固定部品

(クリート)は複合素材(コンポジット)と

なっています。

シューズも軽量化のため、靴底にはかかと

部分とつま先にのみ滑り止めとソールの保護

を目的としたパーツがあります。歩く時は

クリートとその保護材が接地するので滑り

やすく歩きにくいです。自転車を押して観光

という用途にはあまり向いていません。

力をかけてペダリングした時に外れない様に

固定力は2穴タイプより強くなっています。

固定力も調整可能になっており、幅広い

セッティングができます。

4穴タイプ スピードプレイ専用

4穴タイプはスピードプレイ専用と

なっています。3穴用のスペーサーを

使わずシューズに固定できるので、

ペダルとの一体感が違う・・との事

ですが、使ったことがないのでよく

わかりません。

対応するシューズが少ないので、無理

して選ぶことはないと思います。

次はシューズと足を固定する種類についてです。

ベルクロタイプ

シマノ RP1 SPD-SL/SPD両対応 ビンディングシューズ

高品質と快適性、機能性を備えた、オールラウンドのパフォーマンスロード・サイクリングシューズ。
・快適なフィットとペダリングに完璧なサポートを提供
・フック&ループのデュアルストラップで、安定感のあるしっかりとしたフィットに
・ナイロンのソールは軽量グラスファイバーで補強
・SPD-SL/SPDクリート両対応
・ヒールカップに反射プリントを施し、視認性を向上

1つのシューズに2〜3つほどのベルクロ(ベルト)

がついているタイプで、簡単に脱着が可能な事、

比較的安く購入できる点がメリットです。

デメリットとしては、長期間の使用で固定力が

弱くなる事です。

ラチェットタイプ

シマノ(SHIMANO) RP3 SPD-SL ロード・パフォーマンス ビンディングシューズ

ラチェットバックル搭載のオールラウンドモデル。履き心地と耐久性に優れたパフォーマンスシューズ

ラチェット式は「バックルタイプ」とも呼ばれ、

レバーを操作する事で手軽に固定できます。

ベルクロベルトと併用されていることも多く、

2本はベルクロベルト、足首に近い部分が

ラチェット式になっていたりします。

ラチェット部分はプラスチックなので、

ギッチリ締めすぎるとプラスチック部品が

破損する恐れがあるのが難点です。

ダイヤルタイプ

シマノ(SHIMANO) RC7 SPD-SL ロード・コンペティション ビンディングシューズ

■快適性とペダリング性能を追求したコンペティションシューズ。■高剛性、軽量カーボンコンポジットソール。■ブレーキングロスを軽減するシマノダイナラスト。■最高のフィットを追求した、穿孔換気機能付きの柔軟な高密度合成レザー。■独立したデュアルBoa L6 ダイヤルによって素早い微調整が可能。■調節可能なパワーゾーンワイヤーガイドが前足部をしっかりと固定。■ラストタイプ(足型):SHIMANO DYNALAST■ソール剛性:10■クリート:SPD-SL対応 (SPDには使用できません)■カラー:ブラック■サイズ:38~48(ハーフサイズあり) ※スタンダートサイズ■参考重量:245g(サイズ42)

ダイヤルを回す事で内部に通るワイヤー

で締め付けを調整する「ダイヤル」

タイプが近年の主流となっており、

ハイエンドモデルはほぼこのタイプで

占められています。片手で簡単に

調整ができとても便利ですが、ほかの

タイプに比べて締め付けがマイルドに

感じる人もいます。

靴ひもタイプ

シマノ(SHIMANO) AM5 SPD グラビティ ビンディングシューズ

  • 足の保護のため浮彫りラバーアウトソールを施したタフな合成レザー
  • 非対称のミッドトップデザインとパッド付きのタン部がライダーの足を保護します
  • フック&ループシングルストラップがレースを固定し、保護します
  • 最適化された硬化グラスファイバー補強のシャンクプレート付きウルトラグリップラバーソール
  • フラットインソール
  • 重量 510 g (サイズ: 42)

靴ひも(シューレース)タイプは、

一般的な靴と同じように靴ひもで

締めるタイプです。カジュアルな

スニーカーのようなデザインの

ものや超軽量ロードバイクシューズ

に使用されています。

自分で締め付け具合を調整でき、

ベルクロやバックル、ダイヤル式に

比べてメンテナンスが容易な事が

メリットになります。

おわりに

普通のシューズからビンディングシューズ

に替えると、全く乗り味が変わって驚くと

思います。脚がペダルに固定されると、

自転車との一体感が増し、ペダリングの

パワーがそのまま推進力に繋がるのが

実感できます。ぜひご検討ください!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5