ロードバイクのある生活

【ロードバイク】1人で走る時に最低限必要なもの【ソロライド】

ロードバイクで外を走る時に優先して

持ち歩きたい品物を厳選してみました。

ジャージのポケットに収まる防水ポーチ

大きさは10cm×20cm位で、雨が降っても

中身が濡れない防水仕様のポーチを用意

しましょう。

GORIX(ゴリックス) 防水 スマートポーチ

小銭や鍵、カード、スマホケースなど収納可能な防水機能付きのポーチ。サイクリングウェアの背面ポケットに収まるスマートサイズです。さわり心地のいい素材で、しっかり素材を保護します。

操作しやすい防水密閉ファスナーで閉じた口の布同士が密着し、ポーチに入れた現金やスマホを濡らしません。外部の雨水、熱による湿気や汗を侵入させず、大切な荷物を保護します。※完全防水ではありません。

スマートフォンの画面を傷つけない裏地起毛スペースで摩擦によるキズ付きを防止します。

【サイズ】幅10 x高さ18 x厚み2.5 cm【重量】50g【材質】表地/ターポリン、裏地/ポリエステル起毛

突然のゲリラ豪雨でもスマホやお金を

濡らさずに済みます。説明には完全防水

ではない、と注意書きがありますが

ファスナーも防水仕様になっており、

完全に水没させなければ水が内部に浸透

する事はないです。

私も雑誌のおまけについてきた防水ポーチを

愛用しています。何度か雨に降られたものの

浸水はゼロです。

中に入れるのは、タイヤレバー、お金、頭痛薬

経口補水パウダー、パンク修理キット、マスク

スマホ、免許証です。これに替えチューブを

追加する事もあります。

背中にゴツゴツしたものがあたると違和感が

あるので、主に薄く、平らな物を入れています。

キャッシュレス決済も使えるので、お金は極力

持ち歩かない、もしくは少額(1~2000円程度)

にしています。

免許証は緊急事態時の身元確認に必要です。

保険証でもいいでしょうが、顔写真がある

のでこちらにしています。学生さんは

学生証などがいいでしょう。

ファスナーで全開きするものがオススメ

ファスナーで全開きできるポーチが中身を

どこにあるか分かりやすく、取り出しやすい

のでオススメです。注意点は、開いた瞬間に

スマホなど重いものが落ちやすい事です。

風による体感温度低下を防ぐウインドブレーカー

平地に比べ、標高が高い場所は気温が低く

強い風が体に当たると体感温度が急激に

低下します。かといって最初から厚着

していくと平地は暑くて汗をかいてしまい、

汗冷えを起こしてしまいます。

そのため、風で体が冷えない様に携帯用の

ウインドブレーカーを持ち歩きます。

おススメはモンベルのウインドブレーカー

「EXライト ウインドバイカー」です。

11cmという大きさでジャージのポケット

にも余裕で収まります。

モンベルは通常の製品の販売の他に

アウトレット品の販売も行っているので

モンベルのHPをチェックしてみて下さい。

おわりに

外を走る時は、天気の変化や不測の事態に

備えた準備が必要です。特に一人で走って

いる時のトラブルの対応は他の人には頼る

事ができず、自己解決しなくてはなりません。

いざという時のための準備はしっかり行い

楽しいライドにしましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5