ロードバイクのある生活

【ロードバイク】SRAMがe TAPに新たなグレードを追加!?シマノに向かい風【コンポーネント】

シマノの新型デュラエースがワイヤレスに

なるかどうか色々言われている中で、着々と

ワイヤレスシフトのノウハウを蓄積している

メーカーがアメリカのSRAMです。

SRAMはアメリカのコンポーネントメーカー

SRAMは独自の変速機構「ダブルタップレバー」

(1つのレバーでシフトアップ、ダウンを

行う。ちなみにシマノのSTIはブレーキレバー

がシフトダウンレバーを兼ね、もう一つの

小さいレバーでシフトアップをする)で、

シマノ、カンパニョーロに次ぐ第三の

コンポーネントメーカーとしてロードレース

に登場しました。

機械式変速のころは通好みのメーカーとして、

他のメーカーに比べると少数派でしたが、

電動式変速に無線を採用した事で、一気に

他のメーカーを脅かす事になりました。

「SRAM e TAP」の登場です。

電動変速ではダブルタップを変更し、

左レバーでシフトダウン、右レバーで

シフトアップ、両シフター同時押しで

フロントが変速する独自の変速方法を

取り入れています。

ケーブルの取り回しを考えなくていいので

組付けが非常に楽になる事、バッテリーが

フロント、リアそれぞれに必要だが、共通

規格なので万が一片側のバッテリーが切れても、

もう一方のディレイラーは操作可能、予備

バッテリーとしても持ち運びが容易という

ユーザーフレンドリーな作りとなっています。

(シマノのDi2は1つのバッテリーで2つの

ディレイラーを動かすので、バッテリーが

切れると変速自体ができなくなる)

e TAPのグレードはフラグシップのRED、

セカンドグレードのFORCEとありますが、

今回、新たにエントリーグレードである

RIVALが追加される、との情報が海外サイトで

ありました。

連邦通信委員会は申請された新たなシフトレバーを承認。しっかりとRIVALの名前入り

AIREAおよびBLEラジオを備えた左シフター

AIREAおよびBLEラジオを備えた右シフター

(FCCのHPにリンクされています)

AIREAとは、eTapAXSグループセットに

使用されるSRAM独自のワイヤレス無線

プロトコルに付けられた名前です。

BLEとは「Bluetooth Low Energy」の略で

Bluetooth 4.0から追加された低消費電力

通信モードです。

RIVAL-ED-HOOD-R-CERT-DRAFT-1-5078947

(FCC HPより)

ワイヤレスシフトのエントリーグレードとして顧客取り込み、上位モデルへのアップグレードを見越している?

ワイヤレスシフトに興味があるけど、

いきなりミドルグレードは高くて手が

出しにくい、と考えている層を取り込み

する意図が見えます。そしてあわよくば

上位グレードへの買い替えをしてくれる

のを期待する、と。

SRAMのコンポーネントは互換性にも優れ

シマノのように、旧グレードとの互換性を

スッパリ切るようなことは考えていない

でしょう。

おわりに

どうしても後発組なので、シマノやカンパ

に慣れた人にはとっつきにくいかもしれない

SRAM。しかしアメリカらしい、フロンティア

スピリッツにあふれたメーカーです。

今後の動向に要注目です。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5