ロードバイクのある生活

【ロードバイク】UCIが禁止したエアロポジションの件 続きます【SuperTuck】

前回の記事でUCIが禁止するエアロポジション

「Super Tuck」と疑似エアロバーポジション

を紹介しました。今回、調査機関が風洞実験で

効果を検証した結果、10kmある勾配8%の下り

坂を時速70kmで下った時にエアロポジションと

通常のポジションでは時速5km、30秒差がつく

ことが分かりました!

さすがに一般人には真似は無理です。

Super Tuckの風洞実験の結果

  時速50km到達時のパワー 時速60km到達時のパワー 時速70km到達時のパワー
サドルに座ったポジション 356W   617W   979W  
トップチューブにまたがったポジション 308W -49W 532W -85W 844W -135W

(Swiss Sideのデータより)

また、疑似的なエアロポジション、

ドロップハンドルのフラット部に

前腕を水平にのせてリラックスした

体勢についても、同様にタイムの短縮に

繋がる結果が出ています。

疑似エアロバーポジションでも通常のポジションよりいい結果が出た

  時速40km到達時のパワー 時速50km到達時のパワー 時速60km到達時のパワー
ハンドルのドロップ部をつかみ腕は伸ばすポジション 211W   412W   713W  
ハンドルのドロップ部をつかみ肘を曲げ体を倒したポジション 200W -11W 390W -22W 674W -39W
ブレーキフードをつかみ前腕をハンドルと水平にしたポジション 198W -13W 387W -35W 669W -44W
フラット部に前腕をのせたエアロポジション 188W -23W 366W -46W 633W -80W

空気力学上、Super Tuckや疑似的エアロバー

ポジションは効果ありと言えます。

選手にとって魅力的なテクニックを封じられた。

今回のUCIの決定は選手の安全確保の観点

から行われたものですが、当の選手の中

にはUCIの決定に疑問を投げかけている人

もいるようです。

特に、逃げを得意とする選手にとって、

少ないパワーで少しでも距離を稼いで、

逃げ切るためにこれらのポジションは

魅力的でした。またアシスト選手にとっても

チームの先頭を引くときにパワーを温存

できるテクニックです。これらのテクニック

を使いこなしてこそ、プロ選手だという

自負もあると思います。

UCIの狙いは巻き添え落車による有力選手の離脱回避か

(シクロワイアードより転載)

今回のポジション禁止の他に、からになった

ボトルを指定されたエリア以外で破棄する事

も禁止になります。

これは2020年のジロ・デ・イタリアで優勝

候補だったチーム・イネオスのゲラント・

トーマスが他の選手が破棄したボトルに

乗り上げ落車、そのままリタイアした事が

きっかけです。

前回のブログ記事では危険行為の禁止は

一般のチャリダーが真似して落車した時の

UCIの責任問題回避の狙いがある、と述べ

ました。そのほかに有力選手の巻き添え

落車を回避する事で、チームやスポンサー

に配慮したのでは、と考えます。

選手はジャージにスポンサーの看板を

背負って走っています。有力選手が落車で

離脱すれば、チームがカメラに映る時間も

短くなり、宣伝効果も薄くなります。

成績を残せず、露出も少なければスポンサー

は降りてしまいます。そうなればチーム運営

も立ち行かなくなり、選手の放出、チームが

解散、となってしまいます。このあたりの

事情は「茄子 アンダルシアの夏」でも

語られています。

おわりに

今回の禁止内容で、2021年以降のロードレース

にも変化が現れる事でしょう。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5