ロードバイクのある生活

【ロードバイク】レーパンを履いて走るのが嫌になったら【違う事してみよう】

ロードバイクは大好きですが、急に

乗る気がなくなる事がありませんか?

乗らないと自分が弱くなっていく焦り

があるけど、どうしてもレーパンを

履く気が起きない・・。そんな時に

どうすればいいのか?

初めは外的要因の積み重ねから

これは夏の猛暑、変わりやすい天候

子供の学校や保育園の行事参加などの

子育て、共働きの場合は家事の分担、

家族の病気の対応、仕事の状況など、

自分ではどうしようもない原因の事

です。乗る気があるのにこのような

自分ではどうしようもできない事で

乗れる時間が少なくなってくると、

乗れる時間があっても「走りに行く

のはなんか申し訳ない」「走りに

行った時に何か問題が起こるかも

しれない」と考えてしまい、走りに

行くことを躊躇しているうちにその

時間もなくなって自己嫌悪に陥って

しまいます。また、ようやく時間を

捻出して走りに行く計画をたてた

当日が雨などで走りに行けなくなると

無力感にさいなまれる事になります。

自分と同じ環境にいても乗り込んでいる人をみると余計に落ち込む

STRAVAやTwitterで走行ログやライドの

写真を見るとうらやましい気持ちと

同時に「この人たちも自分と同じように

仕事をしたり家事をしているはずだが、

どうしてこんなにできるのだろう。

自分はふがいない」「自分がどんどん

置いて行かれるような気持ち」と

ユウウツになってしまいます。

走りに行く以外の事は平気

外を走る事には二の足を踏むものの、

筋トレやロードバイクの洗車や整備

などはサボらずにやれてしまう。

「いつ走りに行くことになっても

大丈夫なように」という気持ちがある

からですが、その日がとても遠いような

気がします。

心身が休めといっているサイン

こんな時は、無理に走る時間をひねり出そう

とするのは逆効果です。その努力が天気や

家族の都合で無駄になった時によけいに

落ち込むことになります。

出来ている事(筋トレなど)は続けながら

自分が今一番やりたい事を見つけてましょう。

読書やゲーム、通販など・・・。

それらをやり尽くせば、あとはロードバイク

にまたがるのは簡単になります。

もうやる事はそれしか残っていないのですから。

-ロードバイクのある生活
-,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5