ロードバイクのある生活

【ロードバイク】歩行者も加害者に!?重過失が適用される事故が多発している【注意力散漫】

自転車が事故の加害者になり、高額な

損害賠償を請求される件は以前記事に

しましたが、現在は「交通弱者」の

歩行者が加害者となり、書類送検される

件が増えているとの事です。

歩行者が加害者として重過失傷害容疑で書類送検される件が増加

原因は「交通弱者」である歩行者は

多少の過失があっても事故に遭えば

自動車側に全過失がある、と言った

間違った考えが根強く残っている事、

歩行者側も当然に行わなければならない

車やバイクに対する注意を怠る要因が

増えた事が挙げられます。

ルールを守ってこそ守られるのが法律の要件

自動車が信号無視や一時停止違反をすれば

当然罰せられます。歩行者についてもそれが

当たり前なのですが、どうしても自動車と

歩行者がぶつかると、ドライバーより歩行者

側が大きなケガを負ってしまう事、運転操作

を誤る、スピードを出し過ぎる、飲酒運転

など重過失で悲惨な事故に繋がる事で、

歩行者側の過失は見逃されがちでした。

しかし近年になり、歩行者側の重過失で、

ドライバー側の被害も大きくなっている

のです。

注意力散漫となる要因が増えた

歩行者側の重過失が増えたのは注意力散漫に

なる要因が増えた事が考えられます。

スマホを見ながら歩いていて赤信号に

気づかず交差点に進入したり、イヤホンで

ノイズキャンセリング機能を使っていた

為、車の走行音に気づかず車道にはみ出し

たり等です。

アクションカメラでライドを撮影するなど、自分自身を守る

アクションカメラ等で撮影しながら

走っていれば、歩行者側の過失で事故に

なった時に、それを証明する事ができ、

過失割合などで自分が不利になる事を

防ぐ事ができます。

おわりに

「君子危うきに近寄らず」との格言が

あるように、歩きスマホをしている

ような歩行者には近づかないのも

一つの手でしょう。これから春になって

外を走る機会も増えてきますので、

その事を肝に銘じて走りたいです。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5