仕事

ALSOKは1日ジュース1本我慢すれば誰でも使える

実家に一人で住んでいる親や

高齢者の見守りが必要だけど、

人を頼むとお金がかかるし、

どうしたらいいの?と言う

疑問に現役ケアマネージャー

(12年勤務)として実体験に

基づいてお話します。

ALSOKの緊急通報装置の値段は1日ジュース1本以下。

HOME ALSOK みまもりサポート」は

緊急通報装置には非常時に押す緊急ボタンと

通報センターの看護師に体調や介護の相談が

できる相談ボタンがついています。

利用するには機械を買い取るプランと

レンタルするプランのいずれかを選択

します。

買い取りプランのメリット(月額1,700円)

①月額利用料がレンタルより4割ほど安い。

②1年使えば後述のレンタルプランより

 8,000円お得なので長い利用に向く

③10年の無料保証あり

買い取りプランのデメリット

①工事費11,000円に機械代36,000円の初期投資がかかる

レンタルプランのメリット(月額2,400円~2,960円)

①機械代の36,000円がかからないので、

 一時的な利用に向く。

②使用しなくなったときに機械を返却できる

レンタルプランのデメリット

①月額料金が買い取りプランより4割増しで

初期設置0円のプランは買い取りプランの

7割増しと高い。1年半以上利用する可能性が

あれば買い取りプランのほうが結果的に安い。

豊富なオプションあり(有料)

  1. ペンダント型緊急通報ボタン
  2. 火災監視
  3. ライフリズム監視サービス
  4. 見守り情報配信サービス

①は持ち運びできる緊急ボタン。

ただし屋内のみ。屋外は別途契約が

必要になる。

買い取りプランのみ月額料金無料

(機械代は別料金)

②センサーが火災を感知すると

ガードマンが駆けつけるサービス

③はトイレのドアにセンサーを設置。

一定時間開閉がない時にガードマンが

訪問するサービス。

④は空間センターを設置し、高齢者の動きを

登録したスマホにメールで情報発信する。

実際に使用してみた結果

私の担当する一人暮らしの高齢者に

勧めたところ、何人か利用されています。

大体ペンダント型緊急通報ボタンを追加

しています。

そのうち1件緊急通報の対応がありましたが

ペンダント型緊急通報ボタンを押しての

通報でした。鍵を契約時に預けるので

ドアが施錠されていても問題ないです。

また、かかりつけ医の電話番号や、

ご家族の電話番号などを事前に

登録していれば、救急搬送時に

救急隊員への引継ぎがスムーズです。

私の担当した方の場合は、ケアマネージャーの

事務所の電話番号も追加で登録しました。

相談ボタンについては押してもつながるのに

時間がかかる場合があるそうなので、

利用される事はなかったです。

Iotと組み合わせれば、様々なニーズに対応

Iot(モノのインターネット)の活用もALSOKは行って

います。

「HOME ALSOK アルボeye」というサービスです。

できる事は以下の通り。

  1. 双方音声機能
  2. wifi対応で自宅内どこでも設置可能
  3. スマホで外部からカメラ操作可能
  4. 温度感知による熱中症対策

①はカメラに内蔵のスピーカーを利用することで

設置カメラ側へ話しかけることができます。

認知症の高齢者に対して声掛けして徘徊を

防止することができます。カメラに向かって

話しかけられた音声動画の視聴も可能です。

④は部屋の温度管理ができない高齢者の

熱中症対策に①の双方音声機能を使用して

指示を出す事ができます。

終わりに

介護保険のサービスは融通が利かないですし、

人員不足もあり希望する時間帯に利用ができない

可能性があります。

介護保険外のサービスをうまく使うことで

家族の負担も軽減されます。

しかも今なら機器取り付け費50%OFFの

キャンペーン中です。

HPより転載

ぜひご検討ください。

ありがとうございました。

-仕事
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5