ロードバイクのある生活

【ロードバイク】Amazonタイムセール始まるけど、値段が安すぎるのは買う前に純正か確認を【パチ物】

24日からAmazonタイムセールが開催

されますが、その中には「これ、大丈夫

なの?」と言った商品もあります。

今回は正規品に似せた社外品について

記事にしていきます。

見た目は正規品だけど、メーカー名が違う商品は注意が必要

ぱっと見、OakleyのJawbreakerの

交換用レンズですが、かなり安い

です。

こちらがAmazonのオークリーストアで

販売されている替えレンズです。

2つの画像を見て一番違うのが値段です。

5倍ほど違います。次に一番目の画像の

交換用レンズには「OAKLEY」のロゴが

ありません。要するに一番目のレンズは

正規品ではなくパチ物です。

パチ物の癖にサングラスのフレームには

しっかりOakleyのアイコンが入っています。

よく見るとフレームとレンズの境に隙間が

あったりロゴが見にくいようにフレーム色が

黒一色だったり、と姑息な手を使ってます。

普通なら訴えられるかAmazonから除外される

はずですが、おそらくこのブランド、

Oakleyのパチ物ではなく「Fiskr Oakley」の

名称でたまたま作った交換用レンズが

Oakley製品の交換用レンズに使えるよ~、と

という立ち位置なのでしょう。

この「Fiskr」というブランドを検索すると

Oakleyのサングラス用替えレンズが

沢山ヒットしますが、フレームは1つも

販売がありません。

正規品のレンズは厳しい基準をクリア

した、軍でも使用される程の品質です。

そのため、値段も高いのですがこの

Fiskrレンズはどうなのでしょうか?

何やら衝撃に強そうな画像を載せて

いますが、耐衝撃テストの結果などは

1つも載ってません。また、ところどころ

日本語がおかしいところがあります。

(より詳しく見たいならAmazonで検索

してみましょう)

あと耐腐食を謳っていますが、その内容も

かなり怪しいです。

●もっと時間長く塩水の中に浸せる(塩水防止なので、ご安心に海水浴をお楽みましょう)

●50 ℃ かつ 6%の濃度の塩水に浸す方法でテストした結果、他のレンズと比べると、Fiskrのレンズは表層が滑らかで良い状態で、他のレンズの表層のコーティングが外れて腐食された。

●テストにより、Fiskrのレンズは8日間にずっと塩水に浸せて、普通のレンズにより時間が長い。

★保管方法
長時間に塩水の中に浸された後、レンズをあらかじめ水で洗うと、寿命が延びることができます。

日本語がおかしいばかりか、保管方法は

当たり前の事が記載されています。

正直、数千円でも買う気はおきません。

カスタマーレビューも星3つ以下が33%

レビュー内容も・・

箱だしの状態で汚れている。レンズに油脂が付着しており、ファイバークロスで拭く程度では落ちません。手持ちの超音波洗浄機にかけてみましたが、洗剤を入れないと落ちませんでした。

レンズ端に弱い歪みがあります、とても軽微ですが像が2重にもなります。あとは致命的なやつ、裏側が反射します。
自分が反射して映ります。
これはちょっと致命的で、あちこちが謎の汚れのように見えます。

三か月くらい使ったら、雨や傷などでレンズのミラーが剥がれて破棄しました。

フレーム下部に隙間ができます。純正品と比べるとペラペラで歪んで見えます。

と、耐久性に難がある様です。星4つ

以上のレビューも「安かったから」と

はじめから使い捨て覚悟で購入して

いる人が殆どでした。

おわりに

いかに値段が安くとも純正品より

耐久性がなければ、すぐダメに

なり、結局買い替えする事になって

損をすることになります。購入前に

ちゃんと純正品かどうか確かめる

事が大事です。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5