ロードバイクのある生活

【ロードバイク】マイクロソフトのゲームメーカー買収の裏で自転車業界でも買収の動き【SRAM】

昨年、ロシニョール社からTIMEブランドを

買収するために設立された新会社、

カーディナルサイクリンググループが、

アメリカの自転車メーカーである、

デトロイトバイクを買収しました。

この買収でカーディナルサイクリング

グループはデトロイトバイクが持つ

ブランド、在庫、生産施設などの資産を

取得しました。ただし人員などの整理は

行われず、引き続き工場の管理および

ビジネスパートナーの役割を担う事に

なるようです。

今回の買収の狙いは、デトロイトバイクが

持つスチールフレーム制作のノウハウを

さらに発展させ、都市型e-bikeの提供範囲を

拡大する意向があるようです。

SRAMがサイクルコンピューターメーカー「Hammerhead」を傘下に収める

SRAMは、サイクルコンピューターメーカーの

Hammerheadを買収したことを発表しました。

今後は共同でプラットフォームを開発し、

SRAMのeTapや関連子会社(RockShox

サスペンションやQuarqパワーメーター)の

デバイスとの統合を目指すとの事です。

Hammerheadってなに?

日本だと馴染みが少ないメーカーですが、

クリス・フルーム(ツール・ド・フランス

4回総合優勝)が所属するイスラエル・

スタートアップネイションに機材を

提供しています。主力商品はフルカラー

のKaroo2です。

スペックは以下の通り。

  • 1670万色対応の高精細3.2型ディスプレイ
  • 防滴タッチスクリーン
  • 左右に操作ボタンあり、タッチスクリーン不良でも操作可能
  • 横幅60.8mm 縦幅100.6mm 厚さ19.3mm
  • 重量 131g
  • 防水SIMカードカバー
  • 2500mAhの大容量バッテリーで12時間の走行ログを記録可能
  • USB-Cによる急速充電対応
  • 32GBのストレージ
  • Bluetooth、ANT+対応 
  • 高感度気圧計と周囲温度センサー、3軸加速度センサー、地磁気センサー、ジャイロスコープを搭載
  • 45日間の返品保証つき

値段は399ドル(45,613円)と

同じ大きさのGARMIN Edge1030の

およそ半額で購入が可能です。

残念ながらアジアでの販売はないが・・

現在のところ、アジアでの取り扱いは

行われていないです(オーストラリアは

除く)。

ただ、SRAM傘下に加わった事で、アジア

圏内での販売も視野に入れている可能性は

あります。

米国やカナダへの発送拠点は中国の深センに

あるので、販売拠点もすぐそばに置く事で

迅速な対応も可能になります。

おわりに

アジア圏内で発売されたら、次のサイコン

候補にしようと思っています。

SRAMもシマノのように囲い込みを続けて

おり、今後はシマノ VS SRAMの

仁義なき戦いが勃発しそうです。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5