ロードバイクのある生活

【ロードバイク】イタリア王妃が愛した自転車 ビアンキ【チェレステカラー】

自転車ロードレースの本場はヨーロッパ

なので、有名な自転車メーカーも同じく

ヨーロッパに多くあります。その中で

「最古の自転車メーカー」として有名な

「ビアンキ」(Bianchi)が今回のテーマです。

創業は1885年!イタリアのメーカー ビアンキ

ビアンキは日本ではようやく品川から赤羽

まで電車が開通した明治18年にイタリアで

誕生した、世界最古の自転車メーカーです。

大きな特徴は自転車が「チェレステ」と

呼ばれる緑がかった青色(イタリア語で天空

、碧空の意味)で塗装されている事です。

この色はイタリア王国のマルゲリータ王妃の

瞳の色をモチーフにしたという伝説があります。

ちなみに、この王妃が好んで食べたピザが、

「ピザ・マルゲリータ」です。

創業者であるエドアルド・ビアンキは、

マルゲリータ王妃に歴史上初の女性用

自転車を製作、献上した縁で乗り方を

指導した、という逸話があります。

このチェレステカラーはその年のミラノの

空の色を見て現地の職人が色を調合すると

いわれており、毎年微妙に違った色になる

と言われています。(青みが強くなる年も

あれば緑色の強い年もある)

そんな歴史あるメーカーですから、レース

でも実績を積み重ねています。

  • ジロ・デ・イタリア個人総合優勝 12回
  • ツール・ド・フランス個人総合優勝 3回
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ個人総合優勝 2回
  • 世界選手権ロード 4勝
  • 世界選手権トラック 6勝
  • UCIプロツアー年間総合一位 1回
  • ミラノ〜サンレモ 19勝
  • ジロ・ディ・ロンバルディア 16勝
  • パリ〜ルーベ 7勝
  • リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 4勝
  • フレッシュ・ワロンヌ 5勝
  • アムステル・ゴールドレース 4勝 など

軽量クライミングモデル「SPECIALISSIMA」(スペシャリッシマ)

(HPより転載)

2015年にビアンキの創業130周年を記念して

登場した「Specialissima」。登場以来モデル

チェンジを行わず、長期に渡り同社の軽量

クライミングバイクとして君臨してきました。

今回ディスクブレーキ仕様が追加され、軽量

バイクという位置づけから登りの軽快さと

下りの安定性を手にしたオールラウンドバイク

としてモデルチェンジを果たしています。

フレーム単体重量はリムブレーキ版よりも30g

軽量な750gを実現。ディスクブレーキ化や

ケーブル内装化でフロントフォークは30g増量

しています。

また、ビアンキが誇る振動除去テクノロジー

「カウンターヴェイル」により、優れた快適性

を併せ持つバイクとなっています。

 

ビアンキのフラグシップエアロロード「Oltre」(オルトレ)

(HPより転載)

優れた空力性能、カウンターヴェイルなどの

アドバンテージを活かし、厳しい山岳を含む

コースでもクライミングバイクと遜色ない

成績を納めているフラッグシップモデルが、

「オルトレ」シリーズです。

今年のツール・ド・フランスで総合優勝を

最後まで争ったユンボ・ヴィスマのエース

プリモシュ・ログリッチをはじめ、チーム

でもほとんどの選手が使用しています。

フレーム重量は1000gを切っており、前述の

カウンターヴェイルによる振動吸収力で

レースだけでなく、ロングライドも快適に

こなすポテンシャルがあります。

フラグシップのXR4の他にパーツグレード

を落として価格を安くしたXR3があります。

オルトレの弟分「ARIA DISC」

(HPより転載)

TTバイクの設計データを活用して開発され

フレームとフォークは空気抵抗を軽減する

ため精密に設計され統合されたデザインを

取るエアロロードモデルです。

パーツ類はミドルグレードを採用するなど

値段を抑えてエアロロードを使いたい人に

オススメです。

リーズナブルでサイズ展開が豊富。女性にもおすすめな「VIA NIRONE 7」

ビアンキが自転車の製造を始めたミラノの

ニローネ通り7番地を名前に持つエントリー

アルミロードが「Via Nirone 7」です。

ワイヤー内装などの最近のトレンドを取り

いれつつ、パーツのグレードを落とす事で

より安価に提供できるようになっています。

フレームサイズも他のビアンキのバイクより

小さいサイズ展開があるので、女性にも

受け入れやすいモデルになっています。

おわりに

フレームの色で「ビアンキのロードバイク」

と一目でわかってしまうのは、他のメーカー

ではまずありえません。

唯一無二のメーカーである「ビアンキ」

初めてのロードバイクにどうでしょうか?

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5