ロードバイクのある生活

【ロードバイク】特殊部隊もE-BIKEに注目!?兵器見本市に軍事用E-BIKEが出展される【銀輪部隊】

ロンドンで開催された世界最大の兵器見本市で

QuietKat社とJeep社が共同開発したものを

含む、高出力の電動バイクが多数展示された

との事です。

「Defense and Security Equipment International (DSEI)」

ベースとなったのはアメリカ コロラド州に

あるQuietKat社製のJeep E-Bikeです。

スペックは以下の通り。

  • バイク重量 約32kg
  • モーター出力 750Wか1000Wを選択(1000Wの場合最大出力1500W)
  • バッテリー パナソニック製14.5AH/48V LongRangeバッテリー
  • 航続距離 約100km
  • スロットルレバーは取り外し可能
  • SRAM 9段変速
  • テクトロ製油圧ディスクブレーキ
  • ロックショックス製サスペンション
  • 26インチファットタイヤ(29インチタイヤへの換装キット制作中)
  • 重量積載 136kgまで

(HPより転載。ハンティング用の

ライフルをハンドルバーに固定

しています)

軍用バージョンはこのベース車両に

ハンドルバーに取り付けるライフル

ホルダー、任務中にバッテリーを

充電するためのポータブルソーラー

パネルを備えています。

すでに興味を示している軍も

E-BIKEに興味を持っている国がUAEと

デンマークです。

UAEの国土のほとんどは砂漠と山岳であり、

南西部には世界最大級の砂漠である

ルブアルハリ砂漠、東部には標高2500mに

及ぶハジャル山脈が国を縦断するように

横たわっています。有事に普通に道路を

進軍しては恰好の的になってしまいますが

E-BIKEなら車やオートバイでは進入不可能な

場所を走破できる事、このような地形では

燃料補給もままならないため、バッテリーで

動くE-BIKEの機動力を生かせます。

また車両は移動時に砂ぼこりが舞い、位置が

バレやすく、空から簡単に判別されてしまい

ますが自転車ならその心配もありません。

デンマークの空挺部隊は折りたたみ式の

自転車を要請しているとの事で、

単独、もしくは少人数での潜入任務を

行う特殊部隊にとって、E-BIKEは格好の

移動手段とも言えます。

バッテリーの持続時間や重量などの技術革新による変化

QuietKat社のダンカン・ホーナー氏は

「E-BIKEは完全なオフロード走行が

可能で重い荷物を運べて、エンジン音も

しません。軍事用途のニーズを満たして

います」「大きな車は使えないが、

機械の助けが必要な最後の数キロを

移動する必要がある場合に最適です」

「バッテリー技術の飛躍的な向上が、

世界中の軍隊がE-BIKEを実用的な

戦闘車両と見なし始めている理由だと

考えられます」と述べています。

既存の兵員輸送車にE-BIKEを搭載できる

ラッチなどを取り付けて搭載、基地から

出発し、山岳地帯手前で乗り換える等の

作戦がとれそうです。

日本でも2022年1月26日~28日まで開催

ちなみにこのDSEIですが、日本でも

開催されています。

DSEI JAPAN公式HP

幕張メッセで2022年1月26日から

28日まで開催予定との事。

来場できるのは公官庁の方及び

防衛・セキュリティビジネス関係者

のみとなっています。

おわりに

太平洋戦争時、日本軍がマレー半島や

フィリピン戦線において現地の自転車を

徴発して使用した「銀輪部隊」があり、

自動車が未発達のころは軍隊が自転車を

利用する事はかなりありました。

スイス軍はその地形から自転車部隊を

戦後も維持し続け、2003年に廃止される

まで大規模な部隊を編成していました。

E-BIKEの技術革新は、自転車部隊復活の

きっかけになるのではないでしょうか。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5