ロードバイクのある生活

【ロードバイク】グロータック GT-eSlope-Q導入インプレッションその1【スマートトレーナー】

新型デュラエースの購入を諦め

GT-eSlope-Qを購入して使用して

見た感想です。

勾配再現はかなり正確(正確すぎる)

グロータックのアプリである

「マップトレースモード」を

使用して、普段走っている朝練の

コースをローラーで体験してみました。

コースの作成方法は以下の通りです。

【グロータックGT ROLLER】マップトレースモードをより楽しむ方法【ルート作成】

グロータックのGT ROLLERで 自分の好きなコースを楽しむ事ができる 「マップトレースモード」 今まではSTRAVAの「ルートビルダー」で 自由にコースのGPXデータを作ることが できましたが、ア ...

続きを見る

朝練のコースは細かいアップダウンが

ある約45kmのコースです。

勾配は地図データに記録されている

数値を正確にトレースしているのか、

実走では勾配変化を感じない場所でも

e-Slope-Qが作動します。

そのため、走り慣れたコースをマップ

トレースモードで走ると、少々違和感を

感じます。また、再現できる最大勾配が

10%なので、それ以上の勾配がある所は

e-Slope-Qが作動せず、負荷のみで勾配を

再現しています。

足を止める事が出来ないので、実走より疲れる

実走だと下りは足を止めても進むことが

できますが、4本ローラーの場合、足を

止めてしまうとローラーも止まってしまい

横に倒れてしまいます。マップトレース

モードで下り坂に差し掛かると負荷と

勾配変化はオフになりますが、足を

止める事ができないので、実走より

疲れます。ペダリングの練習には

なりますが・・。

床面の平行は大事。

e-Slope-Qを導入前はウレタンマットの

上にゴム板と防振ゴムを重ねた物を

使用して防振対策としていました。

e-Slope-Qを導入するにあたり、リフトが

動作する時にウレタンマットが沈み

込むと良くないと思い、コンパネ材を

下に敷いています。

コンパネ材を2等分にしてボンドで接着

して更に木ねじで密着させることで

ガッチリ固定され、リフトの上下でも

ビクともしません。床面との高さも確保

できるので、ローラー用ベルトが床面に

接触する事も防止できます。

周りの景色が変化しないので、進んでいる気がしない

マップトレースモード上では勾配変化と

地図上で現在地を表示しているのですが

どうしても周りの景色は変わらないので、

精神的に辛いです。

この点、ZWIFTなら画面上のアバターと

景色が動いているので、走っている感が

でるので違うのですが。

おわりに

「部屋に道を作る」をコンセプトに

制作された4本ローラー。

スマートユニットのGT-ePower-Qと

勾配ユニットのGT-eSlope-Qを揃える

事で、そのコンセプトを達成する事が

できました。

それなりに値段は張りますが、揃えて

みて損はないでしょう。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5