ロードバイクのある生活

【ロードバイク】フルモデルチェンジを果たしたTREK EMONDA初見の印象【2021年モデル】

満を持してフルモデルチェンジした

TREK EMONDA。

今回はBRENDA 仙台南店に試乗車と

して入荷したEMONDA SL6を見て

来たので、紹介します。

EMONDAはスペシャライズドで言えばTARMAC

EMONDAはトレックのロードバイク

三本柱の一つです。

「MADONE」が平坦でのロードレース

でいかに早く走るかを突き詰めており

スペシャライズドのVengeにあたり

ます。

「DOMANE」が快適性を追求した

エンデュランスモデルで、

スペシャライズドの「ROUBAIX」

にあたります。

今回の「EMONDA」はきつい登りの

あるコースを速く走るための軽量化

などに取り組んだモデル。

スペシャライズドの「TARMAC」に

あたります。

セカンドモデルだが他社のハイエンドモデルに劣らぬ作り

EMONDAにはSLグレードの上に

SLRグレードがあり、使用される

カーボンの材質やドライブトレイン

ホイールのグレードで差別化されて

います。SLシリーズはセカンド

グレードですが、他社のハイエンド

モデルに劣らない性能です。

コンポはシマノのアルテグラで統一

されています(機械式)

またホイールはボントレガーの

チューブレスレディ対応ホイール

で、すぐチューブレス化できます。

タイヤは昨今の幅広推しを考慮した

28Cが使用されています。

リムブレーキ非対応で、ブレーキも

アルテグラを使用しています。

SLRシリーズと同じ、エアロ形状の

チューブを取り入れ、平坦や登りで

さえ、さらなる速さを引き出せるよう

に設計されています。

ペダルを踏み込んだ瞬間に後ろを押されるような加速感

BRENDA仙台南店の試乗車を一番最初に

乗ることができた同行者からのコメント

です。

「現在乗っているスコットのディスク

ロードより、明らかに踏み出しの速さを

感じることができました。ペダルを

踏み込んだ瞬間に後ろを押されるような

加速感です」

「振動吸収性も自分が乗っているバイク

とは段違いです。試乗した時に路面の凹凸

やマンホールの上を走行したときもしっかり

衝撃が吸収され、走行にはまったく不安を

感じる事がありませんでした」

「MADONEも試乗しましたが、巡行スピード

を維持するのはMADONEの方が勝っている

と感じました。ホイールのリム高が違うのも

あると思いますが・・」

TARMAC SL7かEMONDAか?

対抗馬となるスペシャライズドのTARMAC

の情報がはっきり出ていないので、判断が

難しいところです。

スペシャライズド ターマックSL7の写真がアップされる!4つの大きな変化。

Is this the new Specialized Tarmac?https://t.co/fMYZGvg3Bi— BikeRadar (@bikeradar) May 27, 202 ...

続きを見る

サドルやハンドル周りのパーツなど、

総合的にみればTARMACの方が人気が

ありそうです。

トレックのEMONDAはSLRグレードに

なるとステム一体型のエアロハンドルを

装備し、TARMACよりハンドル周りの空力

が優れている可能性があります。

また1オーナーに限り生涯保証制度が適用

になったり、Project Oneといった、自分で

カラーリングやパーツを自由にカスタマイズ

できるサービスがあり、スペシャライズドに

くらべ、「自分だけのオリジナルバイクを

作れる!」といった優位性がトレックには

あります。

おわりに

日本で行われている大会のほとんどは

ヒルクライムの大会なので、バイクが

軽量なのは大きなメリットです。

今後TARMACも試乗車を出してくると

思います。また試乗してみてお知らせ

したいと思っています。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5