ロードバイクのある生活

【ロードバイク】新型デュラエース、アルテグラ。今は買い時じゃない【理由は3つ】

発表された新型デュラエース 、アルテグラ

には今は手を出さない方がいい、と言う話。

いつ手元に来るかわからない

ワイズロードなどの大型店では早速予約が

始まっていますが、新型デュラエースの

納期は10月下旬ごろ、とされています。

アルテグラに至っては納期未定です。

コロナウイルスによるロックダウンで

海外の工場が操業を停止したり、従業員が

出勤停止になったりして生産自体が遅延し

運送の現場もロックダウンで止まって

しまいました。現行パーツの納期も上記の

理由に加え、世界的な需要増で延期に次ぐ

延期となっており、いかに生産体制が回復

したとしても、コロナ前の状況に戻るのは

今年中は難しいでしょう。

また、自転車市場が大きい欧米や中国の

方に初期は集中して販売したほうが利益が

出る事は自明の理です。

デュラエースが発表された直後から、

各自転車メーカーが新型を搭載した

完成車の販売を一斉に発表しました。

フレームを売りたいメーカーと、在庫を

持たず、まとまった数を卸したいシマノ

との思惑が一致したやり方と言えます。

このような事から、小売店に卸される

数も制限されると予想されます。

新型のパーツを1つでも組み込むと現行のパーツは使用不可(ホイール、ペダル除く)

文書名2021-2022_Compatibility_v031_jp
文書名2021-2022_Compatibility_v031_jp-2

12速に関わるパーツを1つでも組み込むと

ホイールやペダルを除く現行のR9100以前の

パーツは使用できません。

それはバッテリーやバッテリーと変速機を

繋ぐエレクトリックワイヤーも同様です。

エレクトリックワイヤーは現行のものと

新型を繋ぐアダプターも販売されますが

(EW-SD300が新型対応ワイヤーで

EW-SD50が現行ワイヤー)

文書名2021-2022_Compatibility_v031_jp-2
文書名2021-2022_Compatibility_v031_jp

ご覧の通り、12速を使うためには

バッテリーも交換しなければなりません。

値段が高すぎる。

デュラエースは約45万円、アルテグラは

約23万円と値段が高すぎ、簡単には手が

出せません。値段に応じた性能なら

手も出せなくはないのですが・・。

シマノTVの解説では変速性能がかなり

向上し、ブレーキの利きしろの幅も

広くなっているようですが、こればかり

は実際に触れて試してみないと分かり

ません。試乗会などが全国で行われる

なら格好のアピールの場になるでしょうが

コロナ禍ではそれもなかなか難しい

でしょう(平時ですらそんな機会は田舎

にはない・・)

おわりに

発表直前直後はテンションがあがりましたが

実際の納期やTwitterでの意見を見るにつれ、

熱が冷めてきている現状です。要するに

「いつ来るかも分からないのに数十万も

払うのは・・」という事です。

現状の11速でも使いこなせているか、と

言われれば、自信をもってYESとは

言えません。購入については、今後の

情報を見ながら検討していきたいです。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5