ロードバイクのある生活

【ロードバイク】冬から春にかけて外を走る方に足の冷え防止のすすめ【防寒】

これからどんどん寒くなってきます。

そうなると、平地時速30km、下りは

時速60kmはでるロードバイク、夏の

サイクルジャージではパンツ一丁で

冷凍庫に入るのと同じ位、体が冷えて

きます。それでも外を走りたい!、と

いうガチな方はどんな格好で走るのか?

末端の冷えの解消が第一

ロードバイクの装備は総じて軽さが正義

です。そのため、素材は薄く丈夫な材質

で作られています。また汗やこもった熱

を素早く乾燥、放出するために通気性を

重視しています。

スペシャライズドのS WORKS Vent

シューズはそれらをすべて持っている

最強のシューズです。

暑い夏なら最適ですがこれからの初冬

から初春にかけては最悪です。通気口

から冷気が容赦なく入りこみ、走って

5分で家に引き返して足湯しなければ

芯から冷えてしまうでしょう。

足は第二の心臓と呼ばれるくらい体の

健康に影響を与える、と言われており、

足が頭部より低温になる頭熱足寒になると

冷え性など様々な健康上の不具合が生じる

可能性があります。

足を冷やさない方法

  • 厚手の靴下をはく
  • シューズカバーを使う
  • 冬用のシューズを使う

冬用のソックスをはく

手軽なのは厚手のソックスを履く事ですが

あまりに厚すぎると熱がこもって汗で余計に

冷えてしまったり、ピッタリのシューズを

履いていた場合、暑いソックスでは

サイズ感が変わってしまう恐れがあります。

汗が冷えない様にすばやく熱を放出する

素材として登山用靴下でも採用されている

メリノウールのソックスがオススメです。

Rapha ラファ Merino Socks - Short メリノ ソックス

  • 素材構成: メリノウール42%, ナイロン40%, エラスティン18%
  • 状態:新品未使用
  • サイズ:S(24-25cm)、M(26-27cm)、L(28-30cm)、XL(31cm+)
  • 最上級のサイクリングソックス。 上質のメリノウールを織り込んだ新素材を採用しました。 天然素材のメリノウールが、暑い日は足元をクールでドライに保ち、寒い日は優れた保温性を発揮します。 Raphaがサイクリング専用に開発した世界最高級のメリノソックス。 上質のメリノウールを織り込んだ新素材を採用しました。 天然素材のメリノウールが汗を素早く吸い取り、合成繊維を上回る吸湿効果を発揮。夏季には足元をクールに保ち、冬季には暖かく包みます。 また天然素材ならではの抗菌効果も備えているので、ポリエステル製のものとは違い、繰り返し使用しても嫌な匂いがしません。 つま先部分にはハンドロックステッチが施され、擦れを防止。かかと部分も補強がされています。 

GIRO(ジロ) 長い丈で暖かく、脚を保護するソックス HIGHTOWER MERINO WOOL

ハイタワーメリノウールソックスは、膝まで届く長い丈で、暖かさと驚くほどの快適さを両立。
メリノウール素材を配合することにより、吸水性が非常に高く、またGIROシューズとの相性も◎。このハイタワーモデルは伝統のスタイルとしてロードレーサーに愛されるだけでなく、有毒な植物やその他多くの危険が潜むトレイルから脚を保護するために、年間を通してMTBライダーに愛用されている。

モンベル(mont‐bell) メリノウール エクスペディション ソックス

3,000m級の冬季登山や極地探検などでの使用を想定し、最高水準の保温性・耐久性・クッション性を実現した超極厚手のソックスです。天然の抗菌防臭効果により臭いの元となるバクテリアの発生を抑えます。

ただし、冷気を遮断するわけではないので、

長時間のライドには物足りないです。

シューズカバーを使う

シューズを覆うシューズカバーを使えば

冷気を遮断して足が冷えるのを防止でき

ます。冬用のソックスと併用する事で

冷えをかなり防止する事ができます。

また、シューズカバー自体にヒーターが

内蔵されている商品もあります。欠点は

値段が高価な事です。

パールイズミ プレミアム シューズカバー

寒さが厳しい時のシューズカバー。足先に携帯カイロを入れることができるポケット付き。

パールイズミ サイクリング ヒーターシューズカバー

ヒーターがもたらす、かつてない暖かさ。厳寒期の走りに、最強のアイテム。自転車用としては業界初のヒーター内蔵シューズカバーが登場。カーボンファイバーヒーターが足の甲を包み込むように暖めます。中綿二重構造なのでヒーターの熱を逃がすことなく保温。しびれるようなつま先の冷たさから、これで解放されます。ヒーターと中綿で冷えやすい指先まで保温。ヒーターは低温・中温・高温の3段階の温度調節が可能。バッテリーを取り外して洗濯が可能。履きやすさに配慮した設計。

冬用のシューズを使う

足首部分は冷気や水の侵入を防ぐ構造に

なっており、ゴアテックス素材を組み

合わせた事で、優れた防風防水性能も

実現。シューズ自体も起毛加工が施され

保温性とともに優れた透湿性能も備えて

おり、汗冷えを防いでくれます。

風が最も当たるつま先部分にも防寒加工を

追加しており、末端の冷えにも対応して

います。

ノースウェーブ EXTREME RR 3 GTX 10.ブラック シューズ

ノースウェーブ EXTREME RR 3 GTX シューズ THERMO RANGE -10/+5℃ 剛性指数は12 ペダルエリアはフルカーボン、それ以外の部分はカーボンコンポジットソール 程よい起毛加工の防水・防風素材GORE-TEXRDurathem Kelvinは最高の保温性とシューズ内の湿度調整に優れています。 アッパーは特許を取得したXframeR構造をでデザインされ、ストレッチの効く軽量次世代素材はパワー伝達を高めるつつも、過度に圧迫する箇所のない最高のフィット感を提供。 つま先部分に追加の防寒加工が施されています。

外に出ずに室内トレーニングをする

インフルエンザやコロナウイルス、

路面の凍結など外は危険がいっぱい!

汗をかいたら即風呂までダッシュできる

メリットも。ZWIFTなどのオンライン

トレーニングアプリも充実しているので、

無理して外にでる必要はないかもしれません。

【ロードバイク】今年の冬のトレーニングもバーチャルアプリが活躍する【ZWIFT]

目次1 再び訪れるコロナウイルス下での冬トレーニング2 本格的にZwiftを始めたい方はこちらから3 今年中止が相次いだ大会は来年は開催される可能性大4 おわりに 再び訪れるコロナウイルス下での冬トレ ...

続きを見る

おわりに

防寒対策をしっかりする事で、体が冷えず

ケガの防止、集中力を切らせないなどの

メリットがあります。

実走でのトレーニングをストイックに行う

ために検討してはどうでしょうか?

寒いのを我慢してまで外に出たくない・・

というのも正しいです。今はZWIFTなども

あり、家にいながらトレーニングをする

環境は数年前より格段に充実しています。

自分にあったトレーニングをして来年に

備えてましょう!

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5