ロードバイクのある生活

【ロードバイク】初めてのサイクルジャージ、レーパンのすすめ【初心者】

「ロードバイクに乗っている人はどうして

ピチピチの服を着ているの?」「下着は

なんで履かないの?」と、ロードバイクの

購入を検討している方に言われた事が

ありませんか?やはり体のラインが

はっきり出やすいサイクルジャージや

レーサーパンツが抵抗に感じるようです。

でもこれには立派な理由があります。

理由その1 空気抵抗の軽減

(シクロワイアードより転載)

オートバイに乗っている人ならわかると

おもいますが、走行時に着ている服が

ゆったり目の服だと、風が吹きつけると

余っている生地がかなりバタつきます。

そのが空気抵抗となり、体感できるほど

スピードに影響します。パーカーなどは

フードが風をはらんで、さながらヨットの

帆のような働きをしてしまい、風向きで

体が持っていかれそうになります。

ロードバイクのサイクルジャージも

体に密着する作りで生地のバタつきを

防ぎ、空気抵抗でスピードが遅くなる

のを防いでいます。

理由その② ロードレースでの安全確保

(シクロワイアードより転載)

ツール・ド・フランスに代表されるロード

レースは百数十人が一つの塊になって

ゴールを目指すのですが、その時に

ジャージがバタつくと、他の選手や

ロードバイクに引っかかり、落車の危険

があります。体にピッチリ密着するジャージ

が落車などの事故防止に繋がっています。

理由その③ 汗を素早く吸収、乾燥させるため

ロードバイクで走るとすぐ汗をかきます。

他のスポーツと違い、汗で濡れたジャージを

すぐ交換はできません。そのためジャージに

汗を素早く吸収し乾かす素材が使われます。

その性能を最大限発揮するためには肌に

密着している方が望ましいのです。

理由その④レーパン下に下着を履かないのは皮膚トラブル防止のため

自転車のペダルを回すとき、一番動くのは

足の付け根です。1分間で100回転以上ペダルを

回すときもあります。その状態で数時間走ると

股間やお尻も汗だくです。綿や化繊の下着や

パンツでは汗は吸収しても乾きにくいので、

汗で濡れたままで走り続ける事になります。

【ロードバイク】おしりのおできを治す(作らない)方法【実体験】

ロードバイクに乗った次の日にお尻が痛い・・。 触るとなにか盛り上がってる! そんなあなたに実体験からアドバイスします 目次1 その名は毛嚢炎2 毛嚢炎を治す方法3 毛嚢炎にならない方法は?4 本当は怖 ...

続きを見る

皮膚が汗で蒸れたままだとあせもや、

皮膚と衣類が擦れて目に見えない傷ができ、

そこから菌が入り込んで毛嚢炎になったり

する恐れがあります。

レーサーパンツ(レーパン)は伸縮性が

ある素材を使用しているので、脚の動き

を邪魔しません。また皮膚との擦れの

原因である縫い目も極力少なくして

います。ピッタリした作りはジャージと

同じく汗の吸収速乾性に優れています。

サドルが当たる部分にはクッション

パッドが縫い込まれています。これは

サドル上でお尻が前後左右に細かく

動いても皮膚の擦れを防ぐ目的があります。

ロードバイクで走る格好がピッチリしている

のは以上の理由があるからです。

おわりに

サイクルジャージは派手な物が多いので、

最初は恥ずかしいと思いますが、着てみると

着心地の良さに驚きます。カラーリングが

派手なものを選ばず単色系のおとなしめの

ジャージから試してみてはどうでしょうか

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5