ロードバイクのある生活

【ロードバイク】日本のメーカーが開発した自転車用ロック「スラトニー」について【カギ】

ロードバイクの盗難防止に必要不可欠な

鍵ですが、そのほとんどが海外製。

今回、日本の自動車部品メーカーが

クラウドファインディングで自転車用の

鍵を制作するための資金提供を呼びかけ、

目標を達成したとの事です。

自動車部品メーカーのアイシン高岳が開発した自転車用ロック「SLÄTTNY」

(公式HPより転載)

「スラトニー」と読むそうでスウェーデン語で

「硬化技術」「安心」「スタイリッシュ」の

3つの言葉を組み合わせたロゴだそうです。

アイシン高岳は自動車衝突時の搭乗員保護を

目的とした、強度の高い鋼板の成形技術を

開発しており、スラトニーはその技術を

利用しています。

鍵に使用されている材料は一般の鋼板より

高強度の鋼板で、一般的な鋼板の強さの

およそ5倍の強さを持つ鋼板です。

自動車のドア内部にある「ドアビーム」

(車両のドア内部に内蔵された補強材の事で

側面衝突や前面衝突といった事故の衝撃を

受けた際、効果的にエネルギーを吸収し

乗員を守るという役割を持つ。車室の

変形を防ぐ役割もある。)に使われて

いる鋼板と同じものを使っているとの

事。

普通なら強度が高い場合、材料は重く、

大きくなりますが、スラトニーに

使われている鋼板は強度を保ったまま

薄く仕上がっており、重量は約850gと

なっています。(同じブレードタイプの

ABUSのカギはおそよ1.1kgほど重量が

ある)

収納時のサイズは大人の手のひらに

収まる位の大きさになり、広げると

95cmほどになるので、地球ロック

(柱や柵など、動かせない構造物に

鍵を通してフレームを固定する事)

も楽々です。

定価は24,000円

一般販売予定は3月以降になるようです。

鍵ひとつに24,000円も払うのか、と

感じる方もいるでしょうが、数十万の

フレームを盗まれるよりましです。

購入を検討してみてはどうでしょうか?

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5