ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ロードレースに欠かせない補給食「ライスケーキ」。効果はばつぐんだ・・けど【手間がかかる】

自転車情報発信サイトのFUNRiDEさんが

プロのロードレースチームも取り入れて

いる補給食「ライスケーキ」の作り方を

紹介しています。

日本人には馴染みの薄い「ライスケーキ」

日本人で「ケーキ」と言われて思い浮かべる

のは、ショートケーキやバースデーケーキ

などのお菓子ですが、英語表記では

「密度の高い食感の固形の食べ物」や食品

以外の固形物を「ケーキ」と表現するそう。

例を挙げると「かまぼこ」は「Fish Cake」

「餅」は「Rice Cake」。下水処理場で出た

汚泥を「脱水ケーキ」ウラン精製でできた

粉末を「イエローケーキ」があります。

言葉の響きは馴染みが薄いですが、

ライスケーキは「お米をギュッと固めて

作った食べ物」という事になります。

天然素材で腹持ちがいいお米だからカロリー補給も手軽にできる

記事を見ると、お米を炊くときにココナッツ

オイルや糖質、ドライフルーツを加えて、

冷やして作るとの事。お米は炭水化物で

腹持ちが良く、糖質と素早くカロリーの

補給が可能です。ココナッツオイルは、

味もよし、カロリー量も申し分ありません。

日本人の自分としてはあまり馴染みが

ないのですが、欧米ではココナッツオイル

も当たり前に使っているのでしょう。

意外に手間がかかるライスケーキの作り方

Twitterのリンク記事でも作り方が分かり

ますが、YouTubeでも元プロ選手の

土井雪広さんが作り方を紹介しています。

ただ、意外と手間と材料費がかかります。

ココナッツオイルやシナモンなど、普通の

スーパーにない事も。炊飯器も家族が使って

いるモノ以外に用意したほうがよさそうです。

(動画ではオーブントースターを使って

いますが、耐熱容器など用意しないと

いけないようです)

普通に走るならコンビニのおにぎりやバナナでいいかも

ライスケーキは作るのも手間で材料費も

かかります。ライド当日に気軽に準備

できるシロモノでもありません。

日本なら正直作らなくてもコンビニで

その都度購入すれば事足ります。

(品物や味も豊富ですし)

話のネタに作ってみるのはアリかも

しれません。

-ロードバイクのある生活
-, , , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5