ロードバイクのある生活

【ロードバイク】障害の程度に応じて細かいクラス分けがされる、意外と知られていないパラサイクリング【パラサイクリング】

先日までカナダのベ・コモで開催されて

いたUCIパラサイクリング世界選手権。

日本勢では杉浦佳子選手がロードレースで

金メダルを獲得、東京パラリンピックに

続いての栄冠を手にしています。

世界選手権で優勝した選手は来年の世界

選手権まで虹色のジャージ「マイヨ・

アルカンシエル」を着用でき、来年以降も

ジャージの袖や襟にアルカンシエルを

取り入れる事ができます。

パラサイクリングには障害の程度に

応じて4つのクラスがあり、それぞれ

使用する自転車も違っています。

  • Cクラスは通常のロードバイクを使用
  • Tクラスはトライシクルと呼ばれる三輪自転車を使用
  • Bクラスは2人乗りのタンデム自転車を使用
  • Hクラスは手で漕ぐハンドバイクを使用

それぞれのクラスの中でも障害に応じた

ランクが細かく設定されています。

ランクは1~5まであり、数字が小さいほど

障害が重度となっています。

今回優勝した杉浦佳子選手はC3クラスに

該当しています。

Cクラスは体幹や上下肢に麻痺や機能障害、

四肢の切断があるが自転車を漕いでも

バランスを崩して落車しない選手が対象と

なっています。切断や麻痺により義手、

義足や上下肢を自転車に固定するなど

しています。

Tクラスは体幹に重い麻痺があり、バランスを

保てない選手が後輪が2輪ある三輪自転車で

走るクラスです。

Bクラスは視覚障害者が対象のクラスで

2人乗りのタンデム自転車を使用します。

前席に健常者(パイロット)、後席に

視覚障害がある選手(ストーカー)が

乗ります。このクラスのみカテゴリー

分けがありません。

Hクラスは手で漕ぐハンドバイクを使用

します。頸椎損傷で胸から下が麻痺し、

座位を保持できず、腕も一部しか動かない

障害を持つ選手や、両下肢切断しているが

座位保持が可能な選手が対象となっています。

mydokzbjnhrpxbjcxapa

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5