ロードバイクのある生活

【ロードバイク】世界90都市で一番自転車に優しい都市は?【格付けランキング】

フランスの保険会社が世界各国から

90都市を選び、快適な自転車生活が

送れるか、6つの主要な要素に点数を

つけて分析、ランク付けしています。

  • 天候(年間総日照時間、年間平均降水量、都市における0℃以下と30℃以上の気温日数を集計
  • 各都市における日常生活での自転車利用率
  • 都市における自転車利用者10万人当たりの事故死者数(自転車盗難による死者も含む)
  • 自転車利用者10万人当たりの交通事故発生件数(死亡事故除く)
  • 自転車盗難リスク(自転車利用者10万人あたりの盗難自転車発生率と殺人事件の発生率を合算)一部の国で自転車盗難の報告率が低いことを考慮し、最も報告数の多い犯罪である殺人率を追加
  • インフラ率(自転車店数/自転車利用者数10万人で算出)
  • 自転車専用道路の長さ
  • インフラへの投資率
  • レンタルバイクステーション数
  • シェアサイクル保有率
  • 車に乗らない日など、自転車に特化したイベント開催率

1位はオランダのユトレヒト、東京は24位

90都市の中で1位(77.84点)となったのは

オランダのユトレヒトです。ミッフィーの

生みの親であるディック・ブルーナの生誕地

でもあります。2022年のブエルタ・ア・

エスパーニャのスタート地点に選ばれて

います。

ユトレヒトの自転車利用率は90都市中最高で、

人口の51%が自転車を移動手段として利用。

また、420kmの自転車専用道路や、鉄道駅内に

ある世界最大の駐輪場など、既存のインフラが

充実している点が評価されています。

オランダは首都アムステルダムが5位に

ランクインしており、自転車先進国の名は

伊達ではありません。2位以降はドイツの

ミュンスター、ベルギーのアントワープ、

デンマークのコペンハーゲンとヨーロッパ

諸国が続き、アジア地域では中国の杭州市が

7位にランクインしています。

世界最大のレンタサイクルシステムである

杭州公共自転車がスコアに反映されて

います。

東京は治安部門で高いスコアでしたが、

人口当たりの自転車所有率とインフラ

投資、シェアサイクル部門で伸び悩んで

います。

 

 

 

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5