ロードバイクのある生活

【ロードバイク】日本の滝百選の滝だけど銚子大滝より知名度は・・松見の滝に行こう【マウンテンバイク】

Wikipediaにも記載がある場所だが、

青森県民でも「知ってるけど行った事

ないかも・・」という松見の滝への

行き方と注意点について

日本の滝百選「松見の滝」

奥入瀬渓流にはいろいろな滝が点在して

おり、春から夏は新緑のなか、秋には

紅葉のなか渓流を散策しながら景色を楽しむ

事ができます。銚子大滝が有名です。

しかし、日本の滝百選にはそれらの滝は

含まれておらず、「瀑布街道」と言われる

奥入瀬渓流から外れた支流の上流にある

松見の滝が選ばれています。

松見の滝(まつみのたき)は青森県十和田市にある滝。奥入瀬川の支流、黄瀬川の上流にあり、本流との合流点から約6.5kmの国有林内に位置する。国道102号線から徒歩で3時間ほど要し、積雪のため冬期は近づけない。日本の滝百選の一つ。滝は上下2段に分かれ、上方は白布、下方はすだれを縦にしたような外観となっている。両岸に自生する松から、滝の名が付いたとされる。~Wikipediaより~

松見の滝が落差およそ90mの高さから

2段に分けて流れ落ちる雄大さと、その

両脇にそびえる岩山と自生する松の木

との絶妙な景色の融合がその理由です。

手前にいる人物と比べるとその大きさが

分かります。

松見の滝までのルートはこちらこちら

詳しくわかります。

マウンテンバイクで行く場合の注意点①SPDペダルはオススメしない

松見の滝に行くには林道を外れて藪の

急斜面を下ります。人が一人通れるか

どうかの狭さで、木の根が飛び出して

いたり、倒木を乗り越える場所もあり

ます。前日の天気次第では道がぬかるみ

滑って転倒する恐れもあります。

下りの距離自体はそこまで長くなく、

岩などもないので、フラットペダルに

ローカットのトレッキングシューズ

などがオススメです。

マウンテンバイクで行く場合の注意点②ワイヤーロックを忘れずに

滝まで自転車を担いでいくのは大変

なので、途中から自転車を置いて行く

のですが、万が一の事を考えてワイヤー

ロックをかけるようにしましょう。

歩いて登ってきた人が、帰りの下りを

楽しようとして持って行かないとも

限りません。

マウンテンバイクで行く場合の注意点③車に貴重品は置かない

車を止める場所は黄瀬の公衆トイレの

奥にありますが、停められる台数が

限られる事、目が行き届かず車両荒らし

の危険がある事から手前の奥入瀬渓流館

に車を停めて自走したほうがいいです。

奥入瀬渓流館に駐車する場合も貴重品は

バックパックに入れて行きましょう。

盲点なのはETCカードです。これも

忘れずに持って行きましょう。

おわりに

自然の中を走るので、何があるか

分かりません。今回もルートが

土砂崩れでふさがっている箇所が

あり、危険がないかを確認して

進みました。

安全が確保できない場合は引き返す

勇気も必要です。

皆様も機会があればぜひ日本の滝百選

の松見の滝を見に来てください!

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5