ロードバイクのある生活

【ロードバイク】サドル沼にハマらず自分にあったサドルを見つけよう【試乗・サドルキープ】

サドル沼、という言葉があります。

ロードバイクに乗るうえで、快適性を

左右するサドル。自分に合ったサドルをあり、

探す為、底なし沼にハマる様に色々な

サドルに手を出す事をいいます。

用途や乗り方に応じて種類が山ほどあるサドル

サドルはその形状やクッションの量など、

文字通り星の数ほど販売されています。

サドル先が短く、座面に穴が開いている

サドルは尿道や会陰部の圧迫を緩和する

ので、エアロポジション(空気抵抗を

減らす為に前傾姿勢になる)を長くやる

トライアスロンやタイムトライアルに

適しています。

座面がフラットなサドルは、お尻を前後に

動かしやすいので、こまめに乗車位置を

変える乗り方に適しています。

ネットの反応を見る位なら、試乗して自分にあったサドルを探す

ネットのサドルのインプレッションは

確かに参考になります。しかし、それらは

あくまでインプレッションした人の感想で

あり、その人のお尻(恥骨)の形や乗り方

、体の筋肉量や足の長さも違うので、

あくまで参考程度にとどめておきましょう。

近くのお店に試乗サドルがあれば積極的に活用しよう

サドルを作成、販売しているメーカーの

大部分が試乗用のサドルをお店において

います。迷っているお客様に実際に乗って

もらう事で、購入につなげる狙いがある

ためですが、このサービスを積極的に

利用していきましょう。

サドルを体にあわせるか、体をサドルにあわせるか、永遠のテーマ

私の場合、乗ってきたサドルの履歴は

  • フィジーク アンタレス
  • フィジーク アリオネ
  • フィジーク アリオネ ヴァーサス(穴あき)
  • S WORKS POWERサドル
  • SELLE SMP コンポジット

と続いて、現在はアンタレスで

落ち着いています。

ただ、乗り方も年齢や体の筋力で

変わってきており、あまりサドル上で

お尻を動かさなくなりました。

そのため、座面がフラットなサドルだと

恥骨や会陰部の一点に圧力がかかり、

打ち身のような感じで痛みが出るように

なっています。

そのため、適度なカーブがあるサドルに

変更を検討しています。

おわりに

サドル自体も1万円~3万円位するので、

簡単に交換するわけにはいきません。

試乗できるなら、その機会はどんどん

活かすべきです。

また、購入したサドルは使わなくなっても

売らずに取っておくことを強くオススメ

します。理由はサドルが合わない時にすぐ

戻せること、購入してから時間が経つと、

乗り方や体力も変化する可能性があるから

です。

-ロードバイクのある生活
-, , , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5