ロードバイクのある生活

【ロードバイク】現代のワイルドバンチ、トラックからシマノパーツを強奪。幸い死者はゼロ【海外ニュース】

【ロードバイク】シマノ大幅増収増益の陰でひっそり値上げ【原材料費高騰というパワーワード】

2月8日にシマノの2021年12月期 決算短信が発表になり、総売上は 前年同期比の145%、営業利益 (本業で稼いだ利益)は前年同期比で 179%、経常利益(本業外の利益を含んだ 総利益)は前年同期比 ...

続きを見る

前回の記事でシマノ大幅増収増益の要因は

新型コロナウイルス感染拡大を契機とし、

ヨーロッパ各国が強力に自転車推奨政策を

推し進めた事から、作っては売れる状況が

続いているため、と書きましたが、今回、

その事に目を付けた悪い人たちがとんでも

ない事をやりました。

強盗団がシマノのパーツを積んだトラックを襲う

チェコ最大規模の自転車メーカーが

自転車に組み付けるためにシマノの

コンポーネントをトラックで輸送中、

ドイツ国内で休憩中に運転席にガスを

流され、運転手が意識を失っている間に

荷台から高級グレードのパーツだけを

持ち去る、という事件が起きました。

https://twitter.com/cyclingtips/status/1491199604855283712

この強盗事件は、1月21日にドイツの

アウトバーンの休憩所で休憩していた

トラックが襲われたもので、現在も

犯人は捕まっていません。

業界内部に詳しい犯人と犯罪組織が結びついた犯行か

自転車を狙った強盗事件といえば、個人宅や

店舗に忍び込んで自転車ごと盗む、という

手段が多かったですが、今回はパーツに

狙いを絞った新たな犯行手口です。

しかもご丁寧に価値のあるハイエンドの

パーツだけを持ち去り、ローエンドの

パーツには目もくれない。しかも指紋

などの証拠を隠滅するために荷台内部に

消火器を噴射しています。運転手は催眠

ガスで眠らされた、との事ですが、

フィクションで登場するようなお手軽な

催眠ガスはありません。よくある

クロロホルムを含ませたハンカチを

顔に当てて眠らせる、というのも嘘です。

(クロロホルムは実際に吸入麻酔薬と

して使われていましたが、相当量を

厳重に管理して使用しないと最悪死ぬ)

似たような効果があるとすれば全身麻酔

ですが、使用する笑気ガスというガスは

単体では効果が薄く、セボフルランなどの

液体を専用の機械で気化させて一緒に使用

しないと効果が薄いため、運転手を無力化

したのが麻酔ガスなら専門的な知識を持つ

人物が関わっているはずです。また、

写真を見ると、残された箱は開封されずに

います。これは中身を確認しなくても

価値がないパーツだと分かっていたのでは

ないでしょうか。自転車業界に詳しい人物か

内部の人間が関わっている可能性があります。

おわりに

フレームと違い、パーツだけならサイズも

関係ないので売りさばくのは簡単です。

類似の事件が増えない事を祈ります。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5