ロードバイクのある生活

【ロードバイク】シマノ大幅増収増益の陰でひっそり値上げ【原材料費高騰というパワーワード】

2月8日にシマノの2021年12月期

決算短信が発表になり、総売上は

前年同期比の145%、営業利益

(本業で稼いだ利益)は前年同期比で

179%、経常利益(本業外の利益を含んだ

総利益)は前年同期比で187%の大幅増収

増益となりました。

自転車部品部門は欧州、北米での自転車需要の高まりが売上、利益を押し上げた

新型コロナウイルス感染拡大を契機とし、

ヨーロッパ各国が強力に自転車推奨政策を

推し進めた事から、作っては売れる状況が

続いており、欧州は常時在庫が枯渇状況と

なっています。北米市場も同様です。

逆にアジアや中南米市場は環境意識の

高まりが欧米に比べて鈍く、国の取り組みも

同様の為、サイクリングブームの沈静化に

より、在庫が適正に市場に出回るように

なったと報告されています。

売上高は4436億7800万円で前年同期比を

149%、営業利益は1251億4600万円

前年同期比を183%上回りました。

シマノの総売上と利益のおよそ8割を自転車

部品が占めており、言い方は悪いですが、

コロナウイルス感染拡大はシマノにとって

カミカゼと言って過言ではないでしょう。

ロックダウンによる工場閉鎖がなければ更に

売上と利益を伸ばしていた可能性が高いです。

(ちなみに釣具も密を避けるアクティビティ

として人気は継続しており、売上高で

前年同期比128%、営業利益で前年同期比

162%を計上しています。)

2022年度は売上高、利益ともに前年同期比を下回る恐れあり

2021年は新型デュラエースとアルテグラを

導入した事もあり、初物好きがこぞって

購入した事で売上が伸びたと考えます。

近年の半導体・電子部品の不足や原材料の

価格上昇で様々な商品が値上げを発表して

いて、当然自転車部品もその後を追うで

しょう・・と書いていたら本当に値上げ

しやがりました。

シマノ売上、利益とも大幅増収増益の

ニュースは新聞各社が伝えており、

チャリダーから一般の人にまで知れ渡って

いるこのタイミングでの値上げは・・。

「そんだけ儲けてまだ値上げすんのか!」

「値上げする暇があるなら頼んでたパーツ

早く持ってこい!」「もうSRAMに乗り換え

るぞ!」という怨嗟の声が聞こえてきそう

です。少なくとも、すでにロードバイクや

マウンテンバイクを持っている人は新しく

コンポーネントを交換しようとは思わない

でしょう。そのため、来年度は今年度の

勢いはなくなると予想します。

おわりに

三密を避けるために自転車を始めて、

結果電車や車通勤より維持費がかかる

なんて本末転倒もいいところです。

大多数の人の生活の様々な面に重く

のしかかるコロナウイルスで儲けて

更に値上げというのも業腹ですが・・。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5