ロードバイクのある生活

【ロードバイク】冬も汗のニオイケアを万全にして通勤ライド【制汗】

冬は夏に比べて気温も低いので

通勤時も汗をかくことはないので

臭い対策もしなくても大丈夫!と

思いがちですがそんな事はありません。

冬の汗は夏の汗に比べて臭いが強くなる

傾向があります。しっかり汗対策をして

通勤しましょう!

純粋な汗は無臭!?汗臭さのメカニズム

人の汗は全身にあるエクリン腺、脇や鼻の

横にあるアポクリン腺から排出されますが

排出直後の汗は無臭です。汗が皮膚表面で

垢や皮脂などと混じり合ったところで、

これを細菌が分解することでニオイ物質が

発生し、臭くなるのです。すっぱいニオイ

やぞうきんのようなニオイは、エクリン腺

から出る汗のニオイがもととなり、細菌が

作り出した物質のニオイです。

特にアポクリン腺から出る汗はその作用が

強く出る傾向があり、ワキガの原因となり

ます。

冬の汗の方が臭いが強い原因は汗の量の減少による汗腺の機能の衰え

冬の方がにおいが強くなる要因の一つは、

汗の成分にあります。実は汗の原料は

血液です。汗腺にある「分泌部」という、

部分で血液から赤血球などを取り除いた

「血漿(けっしょう)」という液体から

汗のもとがつくられます。

汗のもとには、各種のミネラルが含まれて

おり、そのまま汗となって出てしまうと、

体にとって大切な成分であるミネラルが

大量に失われてしまい、熱中症などの

リスクが高まります。その為、分泌部から

皮膚表面に出るまでの道のり(導管部)で

汗のもとに含まれたミネラル等の成分が

吸収されます。必要な成分をしっかり体に

残し、99%水分の汗が出るようにろ過機能

が働いているわけです。

外気温が低い冬は汗をかく機会が夏より

減ります。すると汗腺の機能が一時的に衰え

汗からミネラル分を吸収する機能も同様に

うまくできなくなり、におい成分を多く含む

汗をかきやすくなります。また保温性を重視

した服装が多くなり、乳輪や脇や腰~臀部に

あるアポクリン腺からの発汗が多くなる事に

加え、汗が蒸発しにくく皮脂汚れも多くなる

ため、ニオイも強くなる傾向があります。

汗のニオイ対策

通勤後にニオイ対策として制汗シートの

使用をオススメします。また吸水速乾機能

のインナーを着用するのもオススメです。

ワイシャツの下に着るインナーとして

利用できるモンベルの定番インナー。

高機能素材ジオラインをメッシュ地に

編み上げ、抜群の通気性と速乾性を

実現したアンダーウェアです。

軽やかな着心地のメッシュ地なので、

肌と接触面積が少ないためべたつきも

ありません。抜群のストレッチ性を備え

体にここちよくフィット。シャツなどの

アンダーウェアとして最適です。強力な

防臭効果を備え、効果は半永久的に

持続します。

夏に使う制汗シートをそのまま使っても

いいでしょうが、スースーしすぎると

体が冷えてしまうので注意が必要です。

私は40歳超えているのでルシードの

制汗シートを使っています。無香料

で、一枚で全身に使えるので気に入って

います。

おわりに

冬になれば屋内で過ごす事が多く、

外気も取り入れる機会が少なくなるので

職場内のにおいには敏感になります。

自転車通勤を続けるうえで、汗の

ニオイのケアは夏以上に神経質になる

必要があります。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5