ロードバイクのある生活

【ロードバイク】タイヤ交換に10分以上かかるならチューブレスよりクリンチャータイヤ【チューブレス引退】

ロードバイクのタイヤは乗り心地が良くて

万が一パンクしてもシーラントを入れていれば

小さい穴なら塞いでくれるチューブレスがいい、

と思っていた時期がありました。

タイヤの取り付けに10分以上かかるならチューブレスは勧めません

出先でパンクした時にタイヤを取り外して

パンクの原因を取り除き、穴を塞ぐなどの

処置をして、タイヤを元通りにはめるまで、

10分以上かかるなら、チューブレスタイヤは

使わない方がいいです。

理由は10分以上かかると、走る気が削がれて

しまうからです。

PrimeホイールにコンチネンタルGP5000 チューブレスタイヤをはめてみた

wiggleやCRCのプライベートブランド ホイール「Prime」is を約1年間使用して きました。タイヤはチューブをいれて 使うピレリの「P zero VERO」で、 約3000kmほど使用してト ...

続きを見る

以前もブログにしましたが、タイヤと

ホイールの相性もあるでしょうが、

かなり時間がかかりました。

家の中で、座ったり立ったりしながら

ホイールを立てたり寝せたりしつつ

ゴミもない床に置いたり立てかけたり

しながらです。嫌になったら放り出して

コーラとポテトチップスでリラックス

できます。

もしこれがライド中なら?一人なら

文句を独り言ちながらやるでしょうが、

他に一緒に走っている人がいたら?

待たせている人の視線や話し声に

ビクビクしながら交換しようして、

手間取ったら更に時間がかかってしまい

ます。うまくタイヤを外せても、

シーラントの除去や開いた穴をパッチで

塞ぎ、チューブを入れてそれがリムに

噛まない様にタイヤをはめて・・など

気が遠くなります。

クリンチャータイヤならタイヤを外し

チューブを交換、タイヤの裏にパッチ

を当ててタイヤをはめて・・と10分

以内で終了します。チューブレスを

運用するなら、安心な自宅でつけ外し

のタイムトライアルで10分切るまで

練習してからの方がいいでしょう。

私は自信がないので、2022年は

クリンチャータイヤに戻す予定

です。

おわりに

正直、クリンチャータイヤと

チューブレスタイヤの乗り心地の

違いがよく分からなかったのも

あります。それなら運用が楽で

値段も安いクリンチャータイヤが

いい、と考えた次第です。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5