ロードバイクのある生活

【ロードバイク】惚れてまうやろ!ユンボ・ヴィスマの粋な計らいが話題【ロードレース】

ワウト・ファン・アールトの総合優勝で

幕を閉じたツアー・オブ・ブリテン。

ツール・ド・フランス2021ポイント賞の

マーク・カヴェンディッシュ、現世界

チャンピオンのジュリアン・アラフィリップも

参戦していましたが、大会7日目で心暖まる

エピソードがありました。

ステージ7での出来事。

https://twitter.com/TourofBritain/status/1436695550599041028

ステージ7で逃げ集団を形成していた

ユンボ・ヴィスマの選手が、子供に

ボトルをプレゼントしたのです。

と、言ってもコース脇で観戦していたのでは

なく、ロードバイクに乗り集団前方をまるで

逃げの選手のように後方を振り返りつつ

ダンシングしながら並走している子供に

です。

https://twitter.com/JumboVismaRoad/status/1436716686535757829

UCIの規定では観客がいる場所でボトルを

廃棄した場合、最大500スイスフラン

(およそ6万円)の罰金とUCIポイントの

減点(最大25ポイント)が科せられる

のですが、今回は観客にボトルを手渡し

いるので、これが罰則に値するのかは

不透明ですが、彼の笑顔を見ると大目に

見てほしい、と思います。

彼の名はザンダー・グラハム君

ボトルを受け取ったのはザンダー・グラハム君

です。彼はスコットランド、エジンバラの

チームに所属するアマチュアライダーで、

スコットランド選手権12歳以下のロード

レースに参戦しており、直近の8月8日に

行われたレースでは2位に入るほどの実力が

あるそうです。

レース後にはボトルを手渡した

パスカル・エーンコーンからサコッシュ

(補給食などを入れる肩掛けの袋)と

サイン入りジャージをプレゼントされる

サプライズが。

https://twitter.com/JumboVismaRoad/status/1436986115702018049

さらに翌日のチームプレゼンテーションに

チームの5人目の選手として東京オリンピック

銀メダリストのワウト・ファンアールトらと

ステージに上がっています。

https://twitter.com/JumboVismaRoad/status/1436989425809043458

チームの粋な計らいが、最終ステージの優勝、

逆転での総合優勝につながったのではないで

しょうか。

カヴェンディッシュの息子もメロメロ!

https://twitter.com/petatodd/status/1437006705850728451/photo/1

子供用のジャージをプレゼントされ、

思わずワウト・ファン・アールトを

ハグするカヴェンディッシュの

長男キャスパーくん。

オヤジの所属するクイックステップの

ジャージの上からユンボ・ヴィスマの

ジャージを着てご満悦。

ツアー・オブ・ブリテンはまさに

ユンボ・ヴィスマの大会となりました。

おわりに

ザンダー君にとって一生の思い出となった

ツアー・オブ・ブリテン。

日本で例えれば野球少年がプロ野球選手から

グッズをもらって、お立ち台に選手と一緒に

上るようなものです。

近い未来、彼がプロ選手になったら同じ様な

事を別の少年にするのでしょう。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5