ロードバイクのある生活

【ロードバイク】自分にあったケイデンスは1時間止まらず維持できるケイデンス【ロングライド】

気温も下がり、ロングライドには最適な時期に

なりました。ロードバイクで疲れずに長い時間

走るためにはどんな事が大事なのでしょうか?

一定に保つ事を意識してできるのはケイデンス

ズバリ、ケイデンス(クランクの回転数)です。

これを目安に考えるべきです。

スピードは道の勾配、風向きなど走る環境で

コロコロ変わります。速度を合わせようと

無理にパワーをかけるとタレてしまって後半

スピード維持ができなくなります。ペダリング

のパワー値も同様です。

ケイデンスは走る環境に合わせてギアを軽く

したり重くしたりして一定の数値を維持する

事ができるので、ペーシングには最適です。

自分に最適なケイデンスは1時間走ってみての平均数

このグラフはいつも走っている朝練コース

のケイデンスの変化を示しています。

大きく落ち込んでいるところは登り坂の

ところで、それ以外の部分は大体90~95

回転を維持しています。また下りでも

ペダリングを止めていないのでグラフも

浅い谷になっています(ペダルを止めると

グラフは台形型や深い谷を描く)。

なお、計測区間に信号が1つもないので、

止まらず計測できています。

1時間ほどのライドで、平均回転数は85回転

となっており、85回転前後が私が1時間楽に

維持できるケイデンスの目安と言えます。

これはお盆に行ったロングライドでの

ケイデンスの経過です。大きく谷に

なっているのは長い下り坂や、街中の

信号待ち、前走者との距離を維持する

ために漕ぐのを止めているからです。

大体80回転~100回転前後で推移して

おり、平均は80回転をなっています。

大体1時間走のケイデンスに近くなって

います。

どんなに速く走っても休憩で追い越される

自分の維持できる以上の力で走っても、

長続きできません。無理をした走りは

脚の筋肉の疲労や腰や腕の痛み、心肺

機能の低下を招き、休憩回数の増加や、

休憩時間が長くなってしまいます。

一定のペースを刻んで、疲労を抑えれば

結果的に休憩時間を少なくでき、目的地

に速く到着する事ができるのです。

おわりに

無理をしすぎると体に負担が大きいですし

休憩時間が長くなることで、どんどん時間が

経過し、ますます焦って遅れを取り戻そうと

して無理する、といった悪循環を招きます。

一定のペースを刻む事や、自分が無理せず

行って帰ってこれる距離を事前に検討して

楽しいロングライドをしてください!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5