ロードバイクのある生活

【ロードバイク】コロナバブルの終焉はあのZwiftにも影響あり【クビ切り】

自転車業界のコロナバブルの終焉は

ハード面だけではなく、ソフト面にも

及んでいる模様です。

Zwift用トレーニングバイクの開発凍結

欧米におけるアフターコロナの動きから

インドアトレーニング機器の売上が

落ち込んでおり、Wafoo Kickerなどを

販売しているWafooでも従業員を

50人解雇する動きがあったばかりです。

Zwiftでもインドアトレーニング機器を

開発していたようですが(上の画像)

この開発計画も凍結されたとの発表が

Zwiftからありました。

それに関連するかのように、Zwiftでも

150人ほどの社員が解雇されているとの

事です。

ハード面よりソフトウェア面の充実を優先

コロナウイルス感染拡大初めに行われた

ロックダウンはインドアトレーニング機器の

需要を押しあげました。

そのため、現在はほとんどのライダーが

スマートトレーナーを持っていて、どんなに

メーカー側が高性能のハードウェアを投入

しても、新たに購入する可能性はかなり

低くなっています。それよりもライダーは

ソフトウェア面の向上を期待しており

(使いやすいインターフェース、

よりリアルなコースレイアウトや機材、

チート対策など)リソースをその方面に

重点的に投入するのは当然と言えます。

中国のロックダウンやウクライナ・ロシア

戦争により製造や資源確保が不透明に

なったことも、新たなハードウェア開発に

とって逆風になりました。

今回Zwiftが解雇した社員がどの部門に

勤務していたかは明言されていませんが

おそらくはハードウェア関連の社員と

思われます。

おわりに

実際にアップデートでバグが頻発している

ようで、迅速な対応が求められます。

また、ROUVYのような新しいバーチャル

ライドアプリも登場し、Zwift一強とは

いかなくなっています。今後の動きに

注目です。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5