ロードバイクのある生活

【ロードバイク】2021年 当ブログで一番読まれたランキングとおまけ【お疲れさまでした】

2021年も今日で終わりですが、

今年1年のブログ記事で多く

読んでいただいたものを紹介

していきます。

1位 スペシャライズドの新技術?チューブ内にサスペンション内蔵の特許出願

【ロードバイク】未来のルーベ?スペシャライズドが出願した特許から2022年以降のモデルを予想【快適性】

アメリカのスペシャライズドという自転車 メーカーが販売しているグレードの一つに 「ROUBAIX」(ルーベ)という自転車が あります。クラシックレースの一つである 「パリ・ルーベ」のために開発されまし ...

続きを見る

出願が2019年と2年前で、その後に

同じコンセプトの商品が販売されて

いない事から、先進技術実証機の扱いと

思われます。先んじて特許を出願する事で

同じような技術を他社が独占技術として

発表できない様にしたと思われます。

サスペンションの重量やメンテナンス性が

改善されれば、グラベルバイクなどに

採用される可能性があります。

2位 日本国内のスペシャライズド販売店が続々契約解除に

【ロードバイク】スペシャライズド販売店契約解除から読み取る今後の展望【Eバイク】

私も乗っているスペシャライズドの ロードバイク。このスペシャライズドが 日本各地の代理店に対して契約解除を 通告した、というのが話題です。 目次1 スペシャライズドとの取り扱い契約を打ち切られたとのツ ...

続きを見る

コロナウイルスに端を発した工場の

ロックダウン、ロジスティクスの混乱で

ロードバイクの値上がり、納期が全く

予想できない状況が今年は続いていました。

そんな中、全国に展開するスペシャライズド

店舗が次々と契約を解除される状況に。

少ない在庫をより需要が見込める

都市圏への集中投入や、コストダウンを

図る為にオンラインストアを重視した、と

予想しました。在庫の方は回復傾向に

あるようですが、原材料高騰による値上げは

洒落にならず、S WORKS TARMACに至っては

完成車で1,650,000円、E BIKEのS-WORKS

CREO SL CARBON EVOは1,705,000円と

新車の普通車が買えてしまう値段になって

います。

3位 キャニオンの新しいシートポストの特許情報

【ロードバイク】キャニオンが新たなシートポスト部分の特許を登録【2022年モデル】

ドイツの自転車メーカー、canyonが エアロロードバイクであるAEROADの 2021年モデルのシートポストの改良を 行いました。また、今年初めに登録した 特許は今後のデザインに影響を及ぼす かもし ...

続きを見る

通販のみでロードバイクを販売している

ドイツのメーカー、キャニオン。

エアロロードバイクであるAEROADの

シートポストが設計上の問題で破断する

恐れがあり、メーカーでは対策を発表

しました。同時に新しいシートポスト

の特許情報が公開されています。

シートポスト本体にU字型のパーツを

組み合わせ、S字型にくびれた特徴的な

形は従来の直線的なシートポストとは

一線を画すデザインでした。12月現在

でも新しい情報はないので、今後の動き

は未知数です。

番外 OpiOmiお姉さんで始まったツールドフランス2021

【ロードバイク】ツール・ド・フランス2021第1ステージの落車について考える【モラル】

ツール・ド・フランス2021が開幕 しましたが第1ステージで2度の 大規模落車が発生。 特に1回目の落車原因がひどかったので、 ネットでも原因を作った観客に非難が殺到 しています。 目次1 4級山脈サ ...

続きを見る

ツール・ド・フランスがYahoo!

ニュースから朝のニュースにまで

流れたのは、この一件があったから

でしょう。ネットで一気に拡散し、

一度その場を離れた当事者は、ネットに

よる追跡に勝てず当局に出頭、一時は

刑事罰に問われそうになるも、結局は

民事による罰金で決着がつきました。

来年もよろしくお願いします

今年も365日欠かさずブログを書く事が

できました。ロードバイクの実走の方は

コロナの余波があり思うようにできず

不完全燃焼でしたが来年はしっかり

走り込んでいきます。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5