ロードバイクのある生活

【ロードバイク】キャニオンが新たなシートポスト部分の特許を登録【2022年モデル】

ドイツの自転車メーカー、canyonが

エアロロードバイクであるAEROADの

2021年モデルのシートポストの改良を

行いました。また、今年初めに登録した

特許は今後のデザインに影響を及ぼす

かもしれません。

習性

canyonのオールラウンドバイクの

Ultimate CFシリーズとエアロロード

バイクのAeroadシリーズは、シート

ポストの固定方法が独特で、シート

チューブに開けられた穴に固定用のネジで

締め付けて固定します。ネジ頭はシート

チューブにすっぽり収まるので、従来の

シートクランプでシートチューブを締め

付けて固定する方法より、エアロ面で有利

になります。シートポスト自体もシート

チューブ内に収まる部分の下半分を大胆に

カット、33gもの軽量化に成功。シート

ポストの素材も硬い素材と柔らかい素材を

併用する事でしなりと高剛性を両立させる

狙いがありました。

しかし、この固定方法はネジという点での

固定のため、長期間での固定力の低下が

問題視されていたようです。また、素材の

問題でしなりが非常に大きくなり、体重の

重いチャリダーや、シートポストがシート

チューブから長く突き出ているライダーの

シートポストの破断などのトラブルが報告

されていました。

滑り止めグリスは半分くらいで対応

カーボンシートポストの固定力を増す

グリスも販売されていますが、それを

塗ることでカーボンシートポストが摩耗

する恐れがあるため、canyon側はフレーム

に収まる部分の半分程度に塗るように推奨

しています。また、シートポストに汚れが

入り込まないよう対策を実施、ユーザーに

対してシートポストの状態を知らせるように

メールでの対応を行い、実際に摩耗した

シートポストの交換を提案しています。

ドイツの特許商標機関に提出した新たなシートポスト情報

そんな中、ドイツ特許庁に登録していた

新たな特許が公開されました。

seatpost
parts
danmen

S字型にくびれた特徴的な形、従来の

直線的なシートポストとは一線を画す

デザインです。シートポスト本体に

U字型のパーツを組み合わせていますが、

この間には隙間があり、減衰効果を持たせる

働きがある様です。シートポストをS字型に

したもう一つの理由は、シートチューブ内の

サポート部も同じ形状にすることで後輪の

タイヤクリアランスを稼ぐ狙いがある様

ですが、詳細は不明です(全文ドイツ語なので

ほとんど分からない・・)

おわりに

2022年モデルに採用されると考えられますが

新しいAEROADがどんなロードバイクになるか

非常に楽しみです。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5