ロードバイクのある生活

【ロードバイク】グラベルバイクは日本にあわない。マウンテンバイクとの2台持ちがお得【適材適所】

(MERIDA HPより転載)

マウンテンバイクのようなブロックタイヤ

を履いて砂利道を縦横無尽に走り抜けたり、

ホイールを交換すれば舗装路も快適に走る

事ができる、と言った謳い文句で各メーカー

が販売しているグラベルバイク。購入を検討

している方は、ちょっと待ってみましょう。

未舗装路が少ない日本には合わない

アメリカやヨーロッパのような広大な大陸で

舗装路や未舗装路が入り混じるような道路や

舗装路が補修されていなかったり、砂漠から

飛んできた砂が路面に浮いているような

荒れた道路なら、グラベルバイクは真価を

発揮するでしょうが、日本にそんな道は

ほぼありません。林道やあぜ道のような、

普段は絶対に立ち入らない場所しかなく、

マウンテンバイクを買った方がより楽しく

走れます。

長距離でも路面状況が大きく変わらない日本には合わない

日本でも60〜80年代でも地方は舗装路と

未舗装路が混在していて、長距離を走る

時にはその対策が必要でした。走破性と

堅牢性をもつ太いタイヤとホイール、

泥除けやキャリアを装着できるランドナーと

いう自転車が、サイクリングブームもあり

大人気となりました。現在では主要道路は

もちろん、農道までほぼ舗装されています。

意識的に道を選ばない限りは未舗装路を走る

事は殆どなく、グラベルバイクの性能を

生かす事は出来ないでしょう。

道に迷う事がないから日本には合わない

ヨーロッパやアメリカのように、隣町が

百数十キロ先、というほど日本は広く

ありません。道路標識もしっかりしていて、

どんな片田舎にもコンビニや自動販売機が

あり、携帯の電波も届くので道に迷って

いつのまにか山道に・・・ということも

ないので、グラベルバイクの走破性能を

生かす道はほぼありません。

ロードバイクとマウンテンバイク2台持ちがお得

グラベルバイク1台を購入するよりも

ロードバイクとマウンテンバイクを1台

ずつ購入する方が用途に応じて使い分け

できるのでお得です。グラベルバイク

だけではどうしても走る範囲が狭く

なってしまいます。平地や長距離は

ロードバイク、未舗装路や山道は

マウンテンバイクと分けた方がより

その道を楽しく走る事ができるでしょう。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5