ロードバイクのある生活

【ロードバイク】海外雑誌からサイクリング再開時のアドバイス【和訳】

仕事や家事、育児が忙しくロードバイクに

乗る事から遠ざかっている人に対して、

海外の情報誌「CyclingWEEKLY」が

アドバイスをしていましたので、内容を

和訳してみました。

最初の一歩は考えずにただ乗る

ロードバイクを再開する時に色々考えて

しまいがちですが(何km走ろうとか、

パワーをこれくらいは出そうとか・・)

とにかく最初は何も考えずにただ乗る

事を意識しましょう。乗る事を再開した

事で、これ以上体が鈍る事はないのです

から。

簡単な事から始める

再開一発目で張り切りすぎて疲労困憊

しては、あれやこれや理由をつけて

また自転車から遠ざかってしまいます。

大事なのは、常に余力を残して走れる

状態で帰宅することです。一定のペースで

走れなくなったら、戻る事も大切です。

補給食、水分はこまめに摂る

ロードバイクを再開した時は、乗っていた

頃より体力は落ちているはずです。また

体重は増えているかもしれません。以前の

体力を取り戻そうと休憩なし、補給なしで

走るのは自殺行為です。定期的に休憩を

する、補給食を多めに持って20~30分

おきに摂取するように心がけましょう。

無用のトラブル回避のために点検、修理の練習は忘れずに

始める前に、お近くのバイクショップで

点検を受けることをお勧めします。

予備のインナーチューブやミニポンプを

購入し、ジャージのポケットやサドルバッグに

必要なものを詰め込んでおくことも忘れずに。

パンクしたときに立ち往生しないように、

まずは家でインナーチューブを交換して

修理の練習をしておくといいでしょう。

すこしずつ、こまめに乗る

サイクリングを再開する際に陥りがちなのが、

十分な頻度でサイクリングをしないことです。

週に一度しかサイクリングに出かけないので

あれば、週ごとのフィットネス向上が

感じられない可能性があります。

理想を言えば、少なくとも週に3回は

自転車に乗ることをお勧めします。

たとえ1回が10分でも乗らないよりは

ずっとましです。

重要なのは、毎週、走行時間や走行距離を

徐々に増やしていくことです。

毎週どのくらい増やすかは、前の週に

どれだけ反応したかによります。

しかし、毎週30%以上増やすことは

お勧めしません。

おわりに

サイクリングを再開する時は張り切り

がちですが、再開前と同じようには

すぐ走れません。コツコツ積み上げて

行くのが一番の早道です。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5