ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ジロ・デ・イタリアで初お目見えのコルナゴ製タイムトライアルバイク「TT1」はちょっと変わってる【最先端】

5月6日から始まるジロ・デ・イタリアで

イタリアの自転車メーカー コルナゴが

革新的なタイムトライアルバイクを投入

するとの事です。

シートステイがない?コルナゴの新しいタイムトライアルバイク「TT1」

正確には「シートステイをUCI規定

ギリギリまで下げた」です。

後輪に沿ってシートチューブの一部が

成型されているのと、シートステイの

延長線にボックス(トライアスロンで

使う事ができ、ロードレースでは使用

できない。取り外し可能)があり、

それが一体化して見えるので、あたかも

シートステイがないように感じます。

ボックスを外すとこんな外見になると

思われます。

シートステイ部を斜めから。UCIの

ステッカーが貼ってあります。

ボックスを外すとシートステイ断面は

T型の直線状になります。シートステイの

横幅が広いのは剛性確保の為かもしれません。

今まではカムテールという、直角を切り

とった形が主流でしたが、各チューブを

薄く、広く作る事ができるようになった

事も要因かもしれません。

ダウンチューブにシートステイ~

ボックス~とチューブ端が一直線に

伸びるような成型がされており、

ボックスを設置しても空力性能を

損なわないようにする狙いがあるよう

です。トップチューブとシートチューブ

接合部はギリギリまで薄くしたチューブ

の剛性確保のため三角状の加工がされて

おり、同様にBB付近も厚くなっています。

フロントフォークも幅広で薄くなって

います。ハンドルは鋭角に切れないように

なっている様で、輪行とかは専用のケースが

必要になりそう。デダ製のDHハンドルバー

の成型がF1のフロントウイングの様で、

空力性能追及している感がすごいです。

おわりに

歴史ある自転車メーカーのコルナゴが

前例のない最新式の自転車を実戦投入

した事で、さらなる自転車開発競争が

勃発するのではないでしょうか。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5