ロードバイクのある生活

【ロードバイク】アルミフレームでDIY!のG-Fun活用例【輪行ケースまで】

【ロードバイク】新しいDIYグッズ、アルミフレームのG funの解説【DIY】

子供の間仕切りDIYでホームセンターに 行ったときに気になる商品があったので 紹介します。 目次1 自由にカスタマイズできるアルミフレーム G fun2 G funの強みはアルミフレームの軽さ、丈夫さ ...

続きを見る

前回のブログで紹介したアルミフレームで

色々作れる「G-Fun」ですが、自転車関連

でも活用して色々作っている人がいるので

紹介いたします。

アイデア大賞の入賞作品「飛行機輪行箱」

販売元のDCMホーマックに備え付けて

あった小冊子で見つけたトライアスロン

バイクの運搬ケースです。

サイズは横1030mm×縦680mm×幅250mm

(キャスター部分含まず)

三辺の合計の長さは1,960mmと空港で

預かり可能な2030mmを下回ります。

重さは残念ながら記載がなかったですが、

おそらく一般クラスの20kg前後に抑えて

いるものと思われます。

荷物預け入れの際はキャスターは取り外し

可能との事。

おそらくシートポストとハンドルは

取り外してフレームの隙間に固定、

フレームはフロントとリアを固定できる

ように両方のフレームマウントをG-Funに

取り付けています。ホイールは輪行箱の

フレームにバンドで固定するようです。

おそらくフレームとホイールがぶつからない

ように、その間に緩衝材としてジャージ等を

挟んで使うと思われます。

G-FunのHPでも紹介されていますので、

より大きな画像が見たい方はこちらから

どうぞ。

その他公式HPではユーザーが作成した作品を見る事ができる

G-Funの公式HPでは、その他にユーザーが

作成した様々な作品を見る事ができます。

私も自分の車の後部に車中泊用のベッドを

作成する予定です。ロードバイクを積んだ

まま足を伸ばせるスペースを作る事で

快適にロングライドができるようになると

思っています。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5