ロードバイクのある生活

【ロードバイク】道路上のサイクリストの地位向上のためのパレードがスゴイ!【頭隠して尻隠さず】

主張は立派なんだけど、その表現方法が

極端すぎる一例。

裸でサイクリストの権利と環境保護を訴える!

「World Naked Bike Ride」

(ワールド・ネイキッド・バイク・ライド)は

石油などの化石燃料に依存する世界の

移動手段に対して環境保護と路上での

立場が弱いサイクリストの権利獲得を

目指した活動を行なっており、

先日ロンドンで身体を張った抗議活動を

行ったとの事です。

コロナウイルスの流行により、2年振りの

開催でパーティーなどは中止、大人数で

集まらないなど、感染対策をとったうえで

参加者は全裸、ボディペインティング、

下着姿で自転車に跨り、ロンドン市内を

パレードしました。

事故即重傷をよく現したイベント

このイベントは2004年には4大陸10カ国

28都市で開催され、2010年には17カ国

74都市で開催されるなど、世界的に認知

されたイベントのようです。

サイクリストは自動車に対して身体を守る物が

ない裸同然の状態で走っている、ドライバーも

幅寄せや進路妨害など行うべきではない、と

まさに身体を張って訴えています。

【ロードバイク】道路交通法を改正したイギリス、579億円を投じて環境を整える事に【ジョンソン首相】

(自転車通勤中の一枚) イギリスのボリス・ジョンソン首相が 提唱する「サイクリングの黄金時代」の 一環として、英国政府が発表した新しい 道路交通法では、自転車と歩行者が より優先される事になります。 ...

続きを見る

イギリスは自転車大好きジョンソン首相の

もと、自転車交通網の整備に莫大な予算を

投入する事を決定しており、このイベントも

好意的に受け入れられたと思います。

おわりに

こういうイベントは日本ではNGですよね。

欧米のように主義主張の表現の一環として

割り切ってできるのがすごいなぁと

思います。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5