ロードバイクのある生活

【青森】ロードバイクで八甲田連峰一周【オススメ】

青森県に来たからにはやらなければならない

「十和田湖一周」「八甲田一周」。

今回は東北新幹線 七戸十和田駅をスタート

して八甲田一周を行うための解説をします。

スタート地点 七戸十和田駅~わんだむらんど

走行距離87km。獲得標高1948mです。

七戸十和田駅の南口からスタートします。(画像は七戸町HPより)

南口から道の駅しちのへに向かい、

T字路を右に曲がります。

道なりにすすみこの看板が見えたら左に

曲がります。

そのまままっすぐ進むと右手に

バラソフトクリームで有名な

東八甲田ローズカントリー

見えてきます。

そのまま道なりに進むと下の標識が見えます。

田代平に向かいましょう。

ここから本格的な山道に入ります。途中に

トイレや自動販売機がある休憩ポイント

「わんだむらんど」があります。

ここを過ぎるとトイレはしばらくありません。

水分補給は途中に湧き水がありますが、不安

な場合はここで補給していきましょう。

わんだむらんど~最大勾配16%ヒルクライム

ここから約9km、平均勾配約7%、

最大勾配16%のヒルクライム区間です。

登り切ったところに湧き水があるので

夏ははここで熱くなった頭を冷やす事が

できます。

ここから田代平までアップダウンを繰り

返していきます。そのうちに「十和田湖」

「十和田」「田代平」「青森市街」の

道路標識が見えてくるので、「田代平」

方面に曲がります。

田代平周辺

田代平をまっすぐ進むと左手に

「又兵衛の茶屋」「レストハウス箒場」が

見えてきます。ここでは食事や自販機での

水分補給、トイレ休憩が可能です。

これ以降はトイレ休憩、水分補給が

できなくなるので、ここでしっかり休んで

補給を行いましょう。

ここからは木々の間をアップダウンを繰り

返して進みます。木々の葉で日中も太陽

が差し込まず涼しいですが、暗く路肩の

アスファルトのひび割れが目立たない事

山からの水が流れ出ている箇所もある

ので、走行には注意が必要です。

雪中行軍遭難記念像付近

木々の道が開けると有名な雪中行軍遭難

記念像がある「銅像茶屋」に出ます。

以前はここでもトイレ休憩や水分補給が

できたのですが、現在は休止中です。

2019年の夏~秋は簡易トイレが設置

されていましたが、2020年シーズンは

現在のところ、詳細は不明です。

ちなみに、銅像のモデルとなった

後藤房之介伍長の実際の発見場所は

ここではなく、北西に約1km先に実際の

発見場所を示す標識が立っています。

銅像茶屋~萱野茶屋分岐点まで

銅像茶屋からは萱野茶屋分岐点までは

先ほどの田代平~銅像茶屋間のように

木々の間の道を抜けていきます。

片側一車線道路ですが、十和田市内から

青森に抜ける道路のため、大型トラック

も多く走っているので、注意が必要です。

この標識が見えたら左に曲がります。

萱野茶屋分岐点~八甲田ロープウェイ駅周辺

ここから八甲田ロープウェイ駅まで

最大勾配10%前後の坂が連続して

あり、一番きつい区間かもしれません。

約4km先に八甲田ロープウェイ駅が

あり、トイレ休憩や食事、水分補給が

可能です。

八甲田ロープウェイ駅~酸ヶ湯温泉周辺

八甲田ロープウェイ駅から約6kmで

酸ヶ湯温泉に到着します。ここでの

オススメはしょうが味噌おでんです。

ハイシーズンは観光客やオートバイ

のライダーでにぎわい、席に座れない

可能性もあります。

酸ヶ湯温泉~笠松峠

酸ヶ湯温泉から標高1040mの笠松峠

まで約5kmのヒルクライムですが、

酸ヶ湯温泉周辺の地獄沼あたりの

勾配がきついだけで他の地点は

勾配はあまりきつくないです。

笠松峠には標識がありますので、

車に気をつけて記念撮影を楽しむ

のもいいでしょう。

笠松峠~睡蓮沼周辺

秋の紅葉シーズンは八甲田連峰の

紅葉を見ようと観光客が道路の両側

に路上駐車して道幅がかなり狭く

なり渋滞が発生します。また車の

合間から急に人が歩いて出てくる時

もありますので、この区間は極力

スピードは抑えて走りましょう。

睡蓮沼~谷地温泉分岐点周辺

睡蓮沼からはダウンヒルになります。

ヘアピンカーブが連続する地点が

あり、路肩周辺に落ち葉や砂利が

堆積している事、対向車がヘアピン

カーブで車線をはみ出してくる時が

あるので、十分注意しましょう。

谷地温泉分岐点~わんだむらんど周辺

谷地温泉まで降りてきたら、分岐点

を左に曲がり、国道394号線の七戸

方面に向かいます。帰り道は行きの

最大勾配16%をダウンヒルで下る

事になります。リムブレーキの方は

最大限注意してください。カーブも

多く、曲がった先の視界が利かず、

対向車に気づくのが遅くなる危険が

あります。

見どころはやはり紅葉の時期

紅葉の時期の八甲田連峰はとても

美しいです。その中をロードバイクで

めぐるのはとても爽快な気分です。

青森県に来たチャリダーの皆様、

ぜひチャレンジして下さい!

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5